看護師の失業保険記事一覧

看護師の失業保険 受給資格

失業保険には受給資格というのがあって誰でも受給ができる訳ではないんです。普通に働いてきた看護師さんは、ほとんどの人がクリアしていますが、公務員に該当する国公立病院は、この雇用保険がありませんの注意が必要です。受給資格は大きく分けて2つです。離職前の2年間に雇用保険の被保険者である期間が12ヵ月以上あ...

» 続きを読む

看護師が失業保険でもらえる金額

失業保険でもらえる金額は年齢や勤続年数などが関係してくることから、人によって違います。賃金日額と基本手当日額、そして、もらえる基本手当の総額という計算方法があります。【例:退職前の6カ月間の給料が各月24万円だった場合】240,000×6ヶ月÷180=8,000円=賃金日額8,000円×80%(基本...

» 続きを読む

看護師が早く失業保険をもらうには

失業保険は自己都合で病院やクリニックを辞めた場合、3ヵ月間の給付制限が付くことになって、手続き開始から4カ月もたってからやっと受給することができます。そのせいで安心して就職活動ができなくて、入りたくもない病院やクリニックにあせって入職なんてことも・・。それでは良い転職・再就職ができません。ここでは失...

» 続きを読む

看護師が失業保険を長くもらう、多くもらうには

失業保険の給付金は、給付日数が多ければ当然、もらえる金額は増えます。まず、多くもらうために長くもらうということは重要です。給付日数がどのようにして決まっているかというと、一般被保険者の場合は、勤続年数(正確には雇用保険の加入年数)によって決まります。以下の表から10年以上と20年以上で給付日数が変わ...

» 続きを読む

看護師の失業保険 手続きについて

失業保険をもらうためには手続きが必要です。失業保険は最寄りのハローワークで申請することになります。その際、退職した病院やクリニックから申請するための雇用保険に関する書類をもらっておかないといけません。まず、以前、勤めていた病院やクリニックから離職票をもらいます。それを持って自宅の住所を管轄しているハ...

» 続きを読む

看護師が失業保険受給中にアルバイトはしていいの?

失業保険の受給中のアルバイトの可否についてご紹介します。結論から言うとアルバイトはできます。ただ様々な制約がつきます。以下時系列に沿って失業保険受給手続き中のアルバイトの制約を説明します。待期期間失業保険の手続きをして7日間は待期期間と呼ばれており、この期間はアルバイトができません。もしアルバイトを...

» 続きを読む

看護師の失業保険と扶養について

病院やクリニックを退職すると、ハローワークで失業保険の手続きを行うことが一般的です。その際、扶養に関しても覚えておいた方がいいかもしれません。扶養とは収入が一定額以下の者を養う者に対して税金の一部を引いたり、健康保険料などの社会保険料の支払いを免除する制度のことを指します。代表的なのは夫が専業主婦の...

» 続きを読む

看護師も有給休暇は消化しよう

日本人は勤勉な性格の人が多く、有給休暇をなかなか消化しないことがあります。せっかく決められているありがたい休暇ですし、特に退職時期を決めてからは有給休暇を消化してから退職した方がお得です。自分の有給があとどのくらい残っているのか、まずは確認することです。しかし、実際には退職希望を上司に話すだけでも心...

» 続きを読む

看護師が再就職手当をもらうには

再就職手当って何?失業保険の受給中に早く就職が決まった人に支給される手当です。失業保険は就職を手助けする制度なのに、「失業保険を全て貰わないと損」という気持ちになって就職をしない人がいるとしたら、それでは意味がありません。その為に、失業保険を受給中に早く就職した人は、再就職手当を受け取ることが出来ま...

» 続きを読む