看護師が再就職手当をもらうには

再就職手当って何?

失業保険の受給中に早く就職が決まった人に支給される手当です。

 

失業保険は就職を手助けする制度なのに、「失業保険を全て貰わないと損」という気持ちになって就職をしない人がいるとしたら、それでは意味がありません。

 

その為に、失業保険を受給中に早く就職した人は、再就職手当を受け取ることが出来ます。

 

失業保険のオプションのように考えてもらえるとわかりやすいです。
ですので、受け取る為に手続きをする場所はハローワークです。

 

再就職手当はいくら貰えるの?

なんと、支給日数が3分の2以上残っている場合は残りの60%、3分の1以上だと50%もの額が支給されます。
なので、タイミングによっては100万円以上になることもあります。

 

支給日数を所定給付日数の3分の2以上残して早期に再就職した場合
基本手当の支給残日数の 60%の額

 

支給日数を所定給付日数の3分の1以上残して早期に再就職した場合
基本手当の支給残日数の50%の額

 

再就職手当がもらえる条件

@失業保険の手続き後、待期期間7日間が終了してから、再就職したこと。
A就職日の前日までの失業認定を受けた上で、基本手当の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上あること。
B離職した前の事業所に再び就職したものでないこと。
C離職した前の事業所と資本・資金・人事・取引面で密接な関わり合いがない事業所に就職したこと。
D1年を超えて勤務することが確実であること。
E原則として、雇用保険の被保険者になっていること。
F過去3年以内の就職について、再就職手当、常用就職支度手当の支給を受けた事がないこと。
G受給資格決定前から採用が内定した事業主に雇用されたものではないこと。
H再就職手当の支給決定の日までに離職していないこと。
I給付制限(自己都合退職等)のある方は、求職申込をしてから、待機期間満了後1ヶ月の期間内は、ハローワークや厚生労働大臣認可の職業紹介事業者などを利用して就職していること。

 

ハローワークから紹介された転職先でなければ再就職手当を受け取れないの?

実は、違います!
「厚生労働大臣認可の看護師求人サイト」であれば「ハローワーク」からの紹介ではなくても再就職手当を受け取ることが出来ます。

看護師求人ランキング