看護師が失業保険でもらえる金額

失業保険でもらえる金額は年齢や勤続年数などが関係してくることから、人によって違います。
賃金日額と基本手当日額、そして、もらえる基本手当の総額という計算方法があります。

 

【例:退職前の6カ月間の給料が各月24万円だった場合】
240,000×6ヶ月÷180=8,000円=賃金日額
8,000円×80%(基本的には50〜80%)=6,400円=基本手当日額
6,400円×90日(被保険者期間に応じて150日まで伸びます)=576,000円
=貰える金額の総額となります

 

簡単に言うとボーナスを除く病院やクリニックでもらっていた退職前6ヶ月のお給料を
一日あたりの平均額に換算し、失業保険としてもらえる額はその60〜80%です。

 

基本手当日額は年齢別に上限額があるので注意しましょう。
この上限は毎年変更があるので、ハローワークで確認をする必要があります。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング