看護師の病院の選び方

看護師は転職市場において売り手市場だと言われています。看護師は常に不足しているので求人数が多く、転職先を探すのには困らないからです。

 

しかしその中でもできるなら条件がいい転職先を探したいですよね?
転職先に病院を選ぶときのコツは何かあるでしょうか。

 

自分が転職に求めることを明確にする

まず、自分が転職に求めることを明確にしておきましょう。

 

たとえば夜勤をやりたくないから転勤するのに、転職先でまた夜勤をやることになっては意味がありません。基本的に外来勤務という求人でも場合によっては病棟勤務に回り、結局夜勤をすることになるかもしれませんので、夜勤をしなくてもいいように入院施設がない外来専門の病院を選ぶことにしたり、給与面が不満であれば求人情報でも給与を高くもらえる条件を確認しておくなど、要望ははっきりとしておかないと転職を失敗と感じてしまうかもしれません。

 

また、条件のいい求人はそれだけ倍率も高くなりますから、自分のキャリアをしっかりと棚卸して確認しておきましょう。

 

求人についての情報収集

求人についての情報収集も大切です。
最近の病院はホームページを開いていることも多いため、気になる病院のホームページはチェックしてみましょう。

 

看護師転職サイトに登録しておけば、サイトを閲覧してたくさんの求人情報を閲覧することができます。また、転職サイトには非公開求人という登録しないと見られない情報もあり、またキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれて求人情報に載っていない情報も教えてくれます。先ほど言ったキャリアの棚卸しなども一緒に行ってくれます。

 

また、病院見学をして実際の病院の雰囲気を感じてみることも大切です。特に職場の人間関係など、実際見てみないとわからないものもあるので可能であればぜひ行ってみましょう。病院見学会を定期的に開いている病院もありますが、もし見学会がなくてもキャリアコンサルタントに相談すれば見学できるかもしれません。

 

子育て支援をしっかりとしている職場

看護師には女性が多いため、仕事と並行して子育てをする人も大勢います。しかし当然ながら両立するのは大変ですよね。そうした人は子育て支援をしっかりとしている職場を探すといいでしょう。

 

中には職員の子どもを預かってくれる夜間対応の託児所を備えた病院もあり、病気の子どもを預かる病児保育を行う託児施設を併設している病院などもあります。こうした施設があると同じく子供がいる看護師が集まりやすく、お互いに助け合いながら働ける職場になります。

 

ブランクがある看護師

いったん職場を離れてブランクがある看護師は、新しい職場に慣れるまで不安が生じると思います。そうした看護師は、しっかりと研修が受けられる病院を選ぶといいでしょう。以前の記憶のみで働き始めても忘れていることがあるでしょうし、そもそも新しい職場では仕事の方法なども違いがあるかもしれません。自分は大丈夫と思わず、将来のキャリアアップの為に基礎をしっかりと学びなおして仕事を始めましょう。

 

もし研修制度がない病院でも、看護師転職サイトで地域の研修会などを教えてもらえることもあります。また、キャリアコンサルタントが入職前に、ブランクのある看護師が入職するとあらかじめ職場に伝えておいてくれるので受け入れ態勢を整えてもらうこともできるので、気負わずに新たな仕事を始められます。

 

病院を選ぶときは看護師転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントと相談しながら選ぶのが一番いいでしょう。自分の希望をしっかりと伝えておけば、その条件に合う求人を探してくれます。後で後悔しないために、しっかりと利用していい職場を見つけましょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング