看護師の履歴書を書くコツ

今更ながら、転職活動には履歴書はとても重要なツールとなります。

履歴書はしっかりと書くことは当然ですが、それ以上に自分をアピールすることもできるのです。

 

看護師の場合、履歴書を書く時に大事なことは何でしょうか。

 

一般的な履歴書を書くときの注意点

まず、一般的な履歴書を書くときの注意点ですが、手書きの場合は、修正などはしない事、日付は面接日当日か、郵送であれば投函日にする事、証明写真はスーツやジャケットで柔らかい表情で撮影すること、経歴は省略しない事などがあります。

 

まずこれを守っていないと、一般常識に欠けた人だと思われて書類選考の段階で落とされる可能性が高くなります。

 

志望動機

履歴書を書くときに最も悩むのが、志望動機でしょう。当たり障りのないことを書いていては、わざわざ書く意味がありません。最も注目される項目なので、どうしてもこの職場じゃないとダメなんだ、と思っていることが伝わるように書くことが一番ですが、それは難しいですね。

 

そのため職場が力を入れている分野、特徴に対して自分のキャリアがどう役立つか、ということを中心に書いておくといいでしょう。
特に病院などはホームページがあるところが多く、ホームページ上に専門分野や病院の理念等が載せられているので、それと全く絡まない志望動機では情報収集不足と思われてしまうかもしれません。

 

趣味や特技

趣味や特技も重要です。看護師は患者との交流も大事な仕事なので、交流に役立つような趣味があると円滑な人間関係を築きやすくなります。特技も同様で、一見仕事と関係がないようなことでも役に立つことがあります。

 

看護師転職サイトの専門スタッフに相談する

履歴書を上手く書ける自信がない、という人は看護師転職サイトを利用するといいでしょう。転職サイトの中にはキャリアコンサルタントや転職アドバイザーといった転職を支援してくれる専門スタッフが担当としてついてくれます。

 

履歴書についても相談に乗ってくれて、志望動機を一緒に考えてくれますし、職務経歴書を書くにあたってもキャリアの棚卸なども手伝ってくれます。

 

また、転職サイトを通して応募する場合、履歴書を一度作成すればあとは細かい内容を調整してキャリアコンサルタントが応募を代行してくれるため、何度も履歴書を作る必要がなくなります。

 

看護師が履歴書を作成する際にはその病院に合わせた志望動機が大切です。転職サイトなどを利用しつつ、しっかりとアピールできる履歴書を作成しましょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング