准看護師のお給料

看護師と准看護師、患者さんにとってはどちらも同じ「看護師」ですが、その待遇には差があります。

求人先の違いはもちろんですが、同様に重要なのが給与、そして年収の違いではないでしょうか。

 

仕事のやりがいは大切ですが、同じようにその報酬となる給料の金額も大切なポイントですよね。

 

看護師の指示の下で業務を行うのが准看護師ですが、とりわけ近年では、看護師と准看護師の仕事内容に大差はありません。医療現場での人手不足は深刻化を辿る一方で、そこを分け隔てている余裕もないものと思われます。

 

それでは、准看護師のお給料はどのようなものになっているのでしょうか。

 

年収で見ると最終的に約70万近くの差額

結論から言うと、准看護師のお給料は看護師に比べて高くなることはまずありません。
平成24年に行われた厚生労働省の調査によると、准看護師の平均給与は約28万円、一方正看護師の給与は約33万円と、この時点で5万円ほどの差が生じています。

 

ここへ更にボーナスが含まれ、年収で見ると最終的に約70万近くの差額となります。一方で労働時間は正看護師と准看護師で大きな差は見られず、同じだけ働いているにも関わらずそれだけの収入差、待遇差があることがうかがえます。

 

准看護師の平均給与は約28万円
正看護師の給与は約33万円

 

もちろん、仕事のやりがいは収入がすべてではありません。仕事に対してその収入で満足だったり、今の仕事が楽しい、充実しているというのであればそれも良いかもしれません。
実際、准看護師であったとしても仕事ぶりを評価されて活躍している人もいますし、同年代の他職業と比べると決して悪い条件でもありません。

 

しかし、准看護師というだけで同じ労働時間・内容でありながら金額に差が出てしまうのもまた事実です。

 

資格の取得までにかかる労力の差

給与の差には、さまざまな要因が関係します。まず、「資格の取得までにかかる労力の差」です。
正看護師と名乗るために必要な看護師免許は厚生労働省が認定する国家資格であり、対して准看護師免許は各都道府県知事が交付しているものです。

 

この差は合格までに取得する必要のあるスキルや知識の差であり、免許を取るにあたっての難易度ともいえます。

 

正看護師の試験を受けるには、3年制の看護学校ないしは4年制大学の看護学部を修了しなくてはなりません。それに対し、准看護師の受験資格は2年制の准看護学校もしくは高校の衛生看護学科を修了していることです。

 

准看護師の方が早く、安い学費で仕事に就く機会を得られるため、早く就職したい人や学費が揃えられないという人が選ぶことが多いです。修学年数が長く、試験の内容もそれ相応のものとなり、試験を得るまでの時間やお金などの労力が就職後に反映されています。

 

准看護師への偏見

続いて「准看護師への偏見」があります。定義として看護師が医師のもとで働き、准看護師は看護師のもとで働くという違いこそあれど、仕事の内容に変わりはありません。

 

それでも、「准看護師には主体的な看護ができない」と判断され、たとえ優秀でも准看護師がリーダー的なポジションや管理職に就く事は難しいです。この傾向は病床の多い大学病院や総合病院といった規模の大きい医療機関に多くみられ、実際そういった施設のほとんどは正看護師の求人がほとんどです。

 

病院側のメリット

そして「病院側のメリット」も理由に関わります。近年の診療報酬の改正では、看護師の過重労働を軽減して患者ひとりひとりにより細やかな医療を提供するために患者7人に看護師1人という「7:1看護制度」が推奨されました。

 

この改正によってより高い診療報酬が期待でき、利益が増えるというメリットを図ったものです。

 

しかしこの制度では准看護師はカウントされず、そもそも病床の少ない医療施設にはメリットがありません。その結果、多くの大規模病院では利益拡大のために正看護師の求人を増やし、准看護師は7:1看護制度に関連しない小規模病院やクリニックで求人される傾向が強くなりました。

 

大規模病院はもともとの資金力もあり給与提示額が高くなりますが、小規模施設の資金力は乏しいこともあり、そこが主な就職先になる准看護師の給与が低くなる、という仕組みになっています。

 

正看護師と比較するとやはり、准看護師の給料は低いもののように感じるかもしれません。

 

しかし医療関係の収入は他と比べると高い水準ということは確かであり、知識があるということは仕事をしていく上で大きな武器となるでしょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング