診療科別、転職メリット・デメリット

看護師の診療科別、転職メリット・デメリット記事一覧

看護師が内科に転職するメリット・デメリット

内科と一口に言うと一般内科がまず思い浮かぶことかと思います。しかし内科には血液内科・呼吸器内科・脳神経内科・循環器内科など細かく細分化された専門的な診療科があります。一般内科では、そのいずれにも属さない患者、また原因の不明確な患者を対象としており、腹痛や頭痛といった症状をうったえて病院へやってきた初...

» 続きを読む

看護師が精神科に転職するメリット・デメリット

看護師が精神科へ転職するメリットやデメリットは、精神科の特徴を把握しておくと分かりやすくなります。精神科は内科や外科に比べて特殊なイメージが強く、今まで関わりの少なかった人から見ると敬遠されがちな科でもあります。しかし近年、精神疾患を抱える患者数も増加傾向にあり、潜在患者数や予備軍の人も含めると相当...

» 続きを読む

看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット

神経内科は一般の人達の中ではあまり認知度が高くありません。それどころか、名前が似ていることから神経科と混同されやすいのですが、実質は全く違うものとなっています。心療内科と精神科まず、心療内科が心身症など身体疾患を取り扱い、精神科が総合失調症やうつ病といった精神疾患を取り扱っている診療科で、この二つは...

» 続きを読む

看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット

呼吸器内科は気管や気管支、肺、胸部など呼吸に関する臓器の治療を行う診療科です。肺ガンはガンの部位別死亡率で男性の第1位、女性の第2位となっている上、呼吸器科の代表的な疾患とも言える肺炎は、日本人の死因の第3位となっています。そして、この数年で特に注目されている呼吸器の病気がCOPDです。日本人の死因...

» 続きを読む

看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット

消化器内科はその名の通り、食道から胃や腸といった食物を消化しながら通過する器官や、消化を行うための成分を分泌する肝臓やすい臓、胆のうなどの疾患を取り扱う診療科です。治療として手術を行う場合には消化器外科の管轄となりますが、内科の場合は胃カメラやエックス線による検査、エコーなどで検査を行い、点滴や服薬...

» 続きを読む

看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット

胃腸内科は食道から胃や腸など、食べたものが通る器官を扱っている診療科です。胃がんや大腸がんをはじめとしたがんにかかることも多く、また潰瘍やポリープといったものを起こす人も多いことから非常にニーズの高い診療科であり、検診も治療も多くの人が訪れます。その分胃腸内科を扱う病院も多く、看護師の就職も困ること...

» 続きを読む

看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット

循環器科は、主に血管の病気や心臓循環器疾患である心筋梗塞、心不全や狭心症といった病気の治療を行います。高血圧や糖尿病とも関わりの深い診療科目です。生命維持に重要な役割を担う心臓循環器の疾患を扱う診療科なので、生死に関わる重症の患者も多く、患者層としては中高年が多いようです。そんな循環器科の中でも、薬...

» 続きを読む

看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット

腎臓内科は糖尿病から慢性腎炎、慢性腎不全といった慢性的な病気を抱えた患者さんが多い診療科です。腎臓はたくさんの血液が集まる器官なので、一度病気を患うと治療が難しく、長期入院をしつつ治療を受けている患者さんがとても多いです。特に現代社会では糖尿病のような生活習慣病が問題視されているので、この科のニーズ...

» 続きを読む

看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット

海外の食生活も身近なものとなり、交通機関の発達によって運動の機会が少なくなった現代社会において「糖尿病」は深刻な問題のひとつです。そのため、病院内に糖尿病内科を設置して治療に力をいれているところも増えてきました。糖尿病は感知することがないので、診断されたらその後は投薬療法の継続と、食事や運動といった...

» 続きを読む

看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット

内分泌内科というのは、下垂体や甲状腺、副腎や脾臓といったホルモンなどの分泌を行う器官を専門とした診療科です。主に糖尿病や高脂血症に代表される代謝疾患、バセドー病や甲状腺機能低下などの内分泌疾患の治療を行います。内分泌内科では特別な検査を行うことも多いので、看護師はその検査機器の使用方法や数値の見方も...

» 続きを読む

看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット

看護師の働く診療科は様々ありますが、その中に珍しい診療科や、専門性が高いため特定の病院にのみ設けられているというものがあります。血液内科はその1つになります。血液内科は専門医が少なく、多くの設備が必要なので、総合病院や大学病院にしかありません。それ以上に専門性が高いため、全国でも血液内科を設置してい...

» 続きを読む

看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先の1つに腫瘍内科というものがあります。まずは、どのような診療科なのか見てみましょう。腫瘍内科は、癌を専門に治療する科です。大学病院に設置されていることが多く、全国でも数の少ない科になります。特定の部位ではなく、あらゆる所の癌を総合的に治療するのが特徴です。そのために内科や外科等との連携...

» 続きを読む

看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先は様々ありますが、給与が高く、負担の少ない診療科に人気が集まる傾向にあります。その1つが人工透析内科です。もし、この科に転職するなら、仕事内容やこの科特有のメリットとデメリットを理解する必要があります。まずは、仕事について見ていきましょう。人工透析内科は、糖尿病性腎症・慣性糸球体腎炎・...

» 続きを読む

看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット

終末期の患者さんの痛みを和らげるために尽力し、治療を行う疼痛緩和内科。ここでは患者さんの肉体的な痛みそのものだけでなく、精神的なサポートのほか、場合によっては家族の方へのフォローやサポートも必要とされます。この疼痛緩和内科では、かなり高度で的確な医療スキルとコミュニケーションスキルが必要とされます。...

» 続きを読む

看護師が小児科に転職するメリット・デメリット

子供が好きだから小児科で働きたいという小児科志望の看護師が多くいる一方で、小児科は大変そうだからできれば避けたいという看護師の声もよく聞かれます。では実際のところ、小児科で働くのはどんなやりがいや苦労があるのでしょう。小児科には、成人を対象とする診療科にはない様々な特徴が挙げられますが、その中でも最...

» 続きを読む

看護師が外科に転職するメリット・デメリット

外科は、数ある診療科の中でもいわゆる手術を行うことで治療を行いますが、そうなると患部のケアを行うだけでなく、全身状態を診ることも必要になりますので、医療や看護に関する総合的で高度なスキルが必要とされます。外科はその病院によって形成外科に血管外科、消化器外科や心臓外科となど部位によって細かく分けられた...

» 続きを読む

看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット

形成外科の対象となる部位は全身であり、対象年齢も子どもから高齢者まで幅広いため、病気が発生している場所や形状、病態などでも1つ1つ症例は異なります。更に、類似した症状であっても、治療をするうえで年齢や性別、容姿を考慮し、その人に適した治療法を患者さん自身と相談し決定していくため、それだけでも症例はす...

» 続きを読む

看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット

美容は女性の誰もが興味のあるテーマであり、そういった点から美容外科への転職に興味を持っている看護師の方も少なくありません。しかし、華やかなイメージがある美容業界にも、当然ながらメリット・デメリットが存在しています。まず美容外科が一般の病院と大きく異なる点は、病気にかかっている人ではなく、健康な人を対...

» 続きを読む

看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット

脳神経外科は、その名のとおり「脳」に関係した疾患を診察・治療する診療科です。脳は、人間の生命や活動を司る臓器ですので、脳神経外科の役割は非常に重要であると言えるでしょう。脳神経外科で扱う主な疾患は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害や脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病、てんかんなどです。脳神...

» 続きを読む

看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先の一つに呼吸器外科があります。どのような仕事なのか紹介していきます。呼吸器外科は、肺・気管・気管支・横隔膜といった呼吸器の疾患に対して、外科的な治療を行なう診療科です。近年は、医療の診療科目の細分化が進み、その分野における最先端の技術を提供して行くには、高い専門性が求められます。呼吸器...

» 続きを読む

看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先のひとつに心臓血管外科があります。どのような仕事内容か紹介していきます。心臓血管外科は、循環器系の診療科に属しており、虚血性心疾患、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離など、主に手術が必要な心臓や血管に関する疾患を扱う分野です。その中で働く看護師の大きな仕事として、手術介助があげられます。心臓...

» 続きを読む

看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先の一つに消化器外科があります。どのような仕事なのか紹介していきます。消化器外科は、食べたものを消化・吸収し排出するまでに使われる器官の疾病を外科的なに治療する診療科です。食道や胃、大腸、小腸、肝臓、膵臓などが対象となり、胃潰瘍や肝硬変、大腸炎などの他にそれらの部位のがんの治療を行います...

» 続きを読む

看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット

看護師が転職先のひとつに胃腸外科があります。どのような仕事内容か紹介していきます。胃腸外科は、消化器科の中でも「胃腸」に特化した診療科です。職場は、病棟と外来の2つになります。病院を訪れる患者さんも多く、多忙であるので、看護師にはテキパキと仕事をこなしていくスキルが必要です。清潔ケアや食事介護、点滴...

» 続きを読む

看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先の一つに乳腺外科があります。どのような仕事なのか紹介していきます。乳腺外科とは、乳腺に関する疾患を扱う診療科です。日本では、乳がんの患者数は、年々増加しており現在では、年間約6万人の方が乳がんと診断され、また年間約1万人の方が乳がんで亡くなっています。乳がんの早期発見と治療、患者さんの...

» 続きを読む

看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット

看護師はどの科で働く場合もそれぞれ違いがあり、それによってメリットやデメリットが生じる場合もあります。肛門科は女性が多い看護師業界では避けられるイメージがありますが、実はメリットも多いため人気がある科です。では肛門科に転職した場合のメリット・デメリットとは何でしょうか。看護師が肛門外科に転職するメリ...

» 続きを読む

看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、小児外科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがある...

» 続きを読む

看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、皮膚科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるで...

» 続きを読む

看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、泌尿器科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがある...

» 続きを読む

看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、産婦人科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがある...

» 続きを読む

看護師が産科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、産科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでし...

» 続きを読む

看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、婦人科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるで...

» 続きを読む

看護師が眼科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、眼科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでし...

» 続きを読む

看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、耳鼻咽喉科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあ...

» 続きを読む

看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、放射線科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがある...

» 続きを読む

看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、アレルギー科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものが...

» 続きを読む

看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、心療内科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがある...

» 続きを読む

看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、リウマチ科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあ...

» 続きを読む

看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、リハビリテーション科に転職する場合のメリット・デメリットはどのよう...

» 続きを読む

看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、麻酔科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるで...

» 続きを読む

看護師が救急科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、救急科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるで...

» 続きを読む

看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、病理診断科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあ...

» 続きを読む