人気の転職サイト(登録無料)

看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット

神経内科は一般の人達の中ではあまり認知度が高くありません。それどころか、名前が似ていることから神経科と混同されやすいのですが、実質は全く違うものとなっています。

 

心療内科と精神科

まず、心療内科が心身症など身体疾患を取り扱い、精神科が総合失調症やうつ病といった精神疾患を取り扱っている診療科で、この二つは対象が明確に違うことが分かります。

 

心療内科:心身症など身体疾患
精神科:総合失調症やうつ病といった精神疾患

 

神経内科

一方神経内科は脳や脊髄、末梢神経などに起こるアルツハイマー病やパーキンソン病といった疾患を治療するための診療科で、非常に高度な技術が求められます。厚生労働省から難病に認定されている疾患を複数取り扱っており、緊急患者や一刻を争う緊急手術も珍しくありません。

 

神経内科:脳や脊髄、末梢神経などに起こる疾患

 

 

また、神経内科で取り扱う病気とその症状も認知度が低いです。明確な原因や決定打となる治療法が判明していない病気もあり、患者さんや家族はその病にかかってしまったということで大きなショックを受けます。その結果、自棄になった患者さんが一方的に治療を拒んだり、周囲が患者さんと距離を置いたりしてしまって病気の進行が進んでしまうという例も少なくありません。

 

しかし、そんな患者さんのケアも看護師の大切な仕事のひとつです。担当の先生にはなかなか言えない事も、看護師には心を開いてくれる患者さんは少なくないので、神経内科での看護師の役割はある種で重要なものとなっています。

 

神経内科に努める看護師の主な仕事内容は、患者さんの検査や手術の準備、患者の家族への説明、診察の介助のほか、患者さんの介助も必要になるケースが多いです。

 

脳や神経の疾患は厄介で、徐々に身体の自由を奪っていきます。そのため処置を受けた後でも身体を動かすことが難しく、介助を受けながらリハビリに励むことで日常生活へ戻していくこととなります。最初は寝たきりだったり意思疎通が難しかったりする患者さんも多く、看護師が正しく意図をくみ取って動くことも求められます。

 

また、それに伴って腕力を要する動作も増えます。寝たきりの患者さんを起こしたり、リハビリで手を貸したりと仕事は多く、大変であることは確かですが、その分得られることも多数あります。

 

神経内科へ転職するメリット

神経内科へ転職する際の一番のメリットは、当然ながら「神経内科における高いスキルを得られる」ことです。

 

脳や神経といったデリケートな器官を扱う神経内科は医療技術の最先端とも言うべきところで、常に最新の技術が導入されています。

 

当然看護師も、そういった高い技術に触れる機会や最新医療に関わる勉強会に参加する機会が多く、新しいスキルを身につけることができます。苦労も多いですが、最先端医療と関わることで仕事に責任感とやりがいを見出しやすく、人気の高い診療科です。

 

加えて「患者さんの回復を実感しやすい」というのも大きなメリットです。手術を受けた直後は自分で起き上がることもままならず、喋ることすら難しかった患者さんがリハビリを通して元気になっていくのを見届けるのは、看護師をしていく中でとても嬉しいものです。

 

神経内科では多くのスタッフが協力しつつ、チーム一丸となって患者さんの回復を目指すので、一人でケアを行うよりも断然やる気が出るのも良い点のひとつです。

 

神経内科へ転職するデメリット

反面、デメリットはまず「体力的にとてもハード」という点です。リハビリを開始できるまで患者さんは思うように身体を動かせない場合があるので、それの介助はやはり一苦労です。

 

特に小柄な女性看護師が大柄な男性患者をサポートするとなると非常に大変な作業となります。

 

そして、デリケートな器官を扱う診療科なので、病状の急変が起こりやすいのもまた事実です。そのため確実に安心と言えるまでスタッフは気を抜けませんし、いざという時の迅速な対応が重要になります。

 

急変が多く、高度な技術を求められる神経内科では、どうしても残業が多くなってしまいます。他の仕事をしていても優先順位がコロコロ変わることがよくあるので、いつでも素早い措置を行えるように備えておくのも大切なのです。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

8割の看護師さんは2つ以上の転職サイトを利用しています。
  サイト名 対応地域 求人数 非公開求人 費用 詳細
看護roo! 首都圏/東海/関西 37,000件以上 多数あり 無料 詳細
看護のお仕事 全国 12万件以上 多数あり 無料 詳細
ナースではたらこ 全国 約10万件 多数あり 無料 詳細

>> ランキング詳細はこちら

看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット