看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット

消化器内科はその名の通り、食道から胃や腸といった食物を消化しながら通過する器官や、消化を行うための成分を分泌する肝臓やすい臓、胆のうなどの疾患を取り扱う診療科です。

 

治療として手術を行う場合には消化器外科の管轄となりますが、内科の場合は胃カメラやエックス線による検査、エコーなどで検査を行い、点滴や服薬によって症状の改善を目指します。

 

消化器内科での看護師の仕事内容としては、外来なら患者さんを診察室まで呼びいれたり医師の診察の介助をしたりが主な仕事で、場合によっては注射などの処置を行うこともありますが、基本的にそれほど多くはありません。

 

病棟勤務の場合は投薬管理やバイタルチェックなど、入院患者の日々の病状を管理したり、入院中の生活のサポートなどあらゆる面におけるケアを行うことになります。

 

消化器は体のなかでも特にガンになりやすい場所になるので、消化器内科ではガン治療も行うことがあります。日々進化している治療法やガン看護などに関心を持って、日々勉強をする姿勢を心がける必要があります。外科とはちがうやりがいや難しさがあるのが消化器内科であり、簡単ではありませんが奥の深い仕事です。

 

看護師が消化器内科に転職するメリット

看護師が消化器内科に転職するメリットは、看護師としての本業を生かせるところにあります。

 

外科とは違い、内科は比較的病状の変化が穏やかなものもあり、劇的な回復はないにしろ病状の急変で慌ただしくなることも少ないです。そのため。患者さんひとりひとりに時間をかけて看護することができます。逆に常日頃からじっくりとケアしていかないと細かい症状の変化に気付けず、迅速な対応ができないのです。

 

また、内科は外科と比べると素早い対応ができないと考える人がいますが、実際目に見えない身体の中の疾患を治療する、という点ではむしろ内科の方がデリケートで難易度の高いものとなります。

 

消化器内科も例外ではなく、食事や排泄のケアといった日常生活の介助が中心ではあるものの、安定した病状を保つために病気や臓器に関して深い知識が必要となり、奥の深い看護ができると言ってもよいでしょう。

 

消化器内科は他の診療科に比べてガン患者が多く、ガン看護についてさまざまな経験を積むことが出来ます。ガン看護に関する認定看護師の資格を視野に入れている人には最適でしょう。ガン治療は今の医療の大きな課題の一つであり、治療の技術は年々革新が続いています。

 

それについて勉強ができるのも消化器内科のメリットです。人体の主要器官でもある消化器について専門的な知識を身につけることは、その後他の診療科にうつった時でも役に立つことでしょう。

 

看護師が消化器内科に転職するデメリット

ですが、消化器内科への転職はメリットばかりというわけにはいきません。転職を考えているときはしっかりデメリットも把握しましょう。

 

消化器内科に限らず、内科は全体的に外科のような処置が行われることが少ないので、手技としての処置のスキルアップはあまり期待できないでしょう。

 

また、日々の仕事をとってみても、それまで急性期の外科病棟に勤務していた看護師にとっては、処置を行うことそのものが少ないという点に物足りなさを感じることもあるようです。内科の看護師のやりがいは、次から次へと処置をこなす点ではないので、内科看護師の奥深さを実感できるまでは、なかなかやりがいを見いだせないかもしれません。

 

加えて、内科にかかる患者さんの病状は外科にくらべると回復が緩やかです。急変して悪化することが少ない分、目に見て分かる回復もほとんどないので、患者が元気になっていく姿にやりがいを見出す人からするとなかなかモチベーションに繋がりにくいようです。

 

ひとりひとりと向き合った看護ができるのがメリットでもあり、治療が長くなるからこそ扱いの難しい患者さんとも根気強く接していく必要がある分難しい診療科でもあります。しかし、看護師としてのスキルアップを図るには、一度は経験を積んでおいても損は無いでしょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット