人気の転職サイト(登録無料)

看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット

胃腸内科は食道から胃や腸など、食べたものが通る器官を扱っている診療科です。

 

胃がんや大腸がんをはじめとしたがんにかかることも多く、また潰瘍やポリープといったものを起こす人も多いことから非常にニーズの高い診療科であり、検診も治療も多くの人が訪れます。その分胃腸内科を扱う病院も多く、看護師の就職も困ることがありません。

 

ここ最近は内視鏡技術の飛躍的な向上もあり、開腹せずとも胃や腸の健康状態を詳しくチェックできるようになってきました。さらに小さく、初期段階のがんや潰瘍であれば、内視鏡を使った手術でも取り除くことができるようになったので、患者さんの身体的な負担もずいぶん小さくなっています。

 

そんな中で看護師の業務として増えてきたのが内視鏡検査の準備などです。内視鏡の検査そのものはそこまで時間がかかるものではないのですが、そのために腸内をきれいにするなど、何かと準備が必要になります。そして、こういった準備は基本的に看護師の指導の下で行います。

 

また、病棟勤務の看護師の業務としては、一般的なバイタルチェックに服薬管理、点滴などになり、病気の性質上患者さんの回復が目に見えて分かるわけではないのでややルーティンな作業となり、そういった点に関してはやりがいを感じにくい傾向にもあります。

 

看護師が胃腸内科に転職するメリット

そんな胃腸内科で働く看護師のメリットはまず「患者さんそれぞれとのコミュニケーションが取りやすい」ことです。

 

胃腸内科の患者さんは、当然消化器になんらかの疾患は持っていますが、会話したり交流したりする分には問題ないといった、比較的元気な人が多い診療科です。

 

ですので、患者さんとじっくり向き合ってケアをしていきたいという看護師には向いている環境と言えるでしょう。

 

また、内科のために患者さんの状態変化が分かりにくいという難点はありますが、その微妙な変化からあらゆる変化を汲み取るのが内科看護師の技術であり、内科医療の奥深さです。普段から患者さんや家族とコミュニケーションを取り、ささいな病状の変化を感じ取れるように成長するチャンスでもあります。

 

看護師が胃腸内科に転職するデメリット

一方で消化器内科に転職する際のデメリットは「毎日の仕事量が多くハードだ」という点でしょう。

 

胃も腸も扱っている胃腸内科は毎日多くの患者さんが診察を求めてやってくるので、毎日がとても忙しい診療科でもあります。
ちょっと胃が荒れているという人から末期のがんをわずらっている人まで、非常に幅広い患者さんのケアをすることが求められます。

 

胃がんや大腸がんは日本人に多いがんであり、その一筋縄とはいかない闘病生活を目の当たりにすることで精神的に疲弊してしまう看護師も少なくありません。

 

加えて、扱う疾患が幅広いということは、看護師としても幅広い知識を要することとなります。胃腸内科に勤める看護師は、日々の看護の中で臨床経験を積むと同時に、就業後に勉強会などを通して常に新しいことを学んでいます。

 

また、胃腸の疾患を治療する手段として内視鏡などの新しい機械の導入のほか、その機械自体も常に変化・改良されているのでその技術についても知識を身につけなければなりません。病院が多く、勤務先を探しやすい胃腸内科ではありますが、日々の勉強はとても大変なので、それが仕事を続けていく上での壁になるとも言えます。

 

消化器内科への転職は、数があるので探すこと自体はさほど困らないと思います。しかし、その数多くある働き口からどこを選ぶかも重要です。病院の規模や方針が自分に合っているか、メリットのみでなくデメリットまできちんとふまえた上で自身の求めるものが得られる職場選びをしましょう。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

各サイトで保有求人が異なるので最低でも3サイト以上の併用がオススメ。
  サイト名 対応地域 求人数 非公開求人 費用 詳細
看護roo! 首都圏/東海/関西 37,000件以上 多数あり 無料 詳細
看護のお仕事 全国 12万件以上 多数あり 無料 詳細
マイナビ看護師 全国 約10,000件 多数あり 無料 詳細

>> ランキング詳細はこちら

看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット

看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット