人気の転職サイト(登録無料)

看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先の1つに腫瘍内科というものがあります。
まずは、どのような診療科なのか見てみましょう。

 

腫瘍内科は、癌を専門に治療する科です。大学病院に設置されていることが多く、全国でも数の少ない科になります。特定の部位ではなく、あらゆる所の癌を総合的に治療するのが特徴です。そのために内科や外科等との連携も必須で、患者さんの治療は多角的に進められていきます。

 

ここでの看護師の仕事内容は、基本的に他の一般病棟の勤務と変わりません。チーム医療におけるハブ的な役割や日々の申し送り、バイタルチェック、患者さんの看護や生活の世話等です。体を動かせない患者さんには、食事や排泄の介助も行います。加えて、腫瘍内科は他の科との連携で患者さんを治療することが多いので、そのための連絡や確認も重要な業務です。

 

その他、腫瘍内科では化学療法による抗がん剤治療が行われるので、その補助も業務として加わります。この化学療法は副作用が強く、患者さんへの負担が大きい治療法です。病気や治療から、大きな苦痛や不安を感じている患者さんには、身体的ケアや精神的なケアが必要です。なかには末期の症状の患者さんの治療あり、そこでは少しでも苦痛を和らげる緩和ケアが行われます。このように、腫瘍内科では強い精神力で常に温かい態度で患者さんに接する努力が必要になります。

 

この他に、腫瘍内科は癌の治療をしっかりと学べる職場ですから、責任も重く、しっかりとした看護観を持ち働くことが求められます。さて、このような腫瘍内科で働くことは、看護師にとってどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

看護師が腫瘍内科に転職するメリット

まず、腫瘍内科で働く看護師のメリットですが、第一に癌医療の最前線で働けるということです。癌看護のスキルを身に付けるには、最適の職場ですし、より高いスキルアップを目指して認定看護師の資格を目指すことも出来ます。

 

癌医療に関しては、認定看護師に指定される分野も多いので、資格を取得できれば、仕事の幅が広がることになります。認定看護師等の資格取得を支援する制度を導入している病院がほとんどなので、癌看護専門看護師、癌化学療法看護認定看護師等、看護師としてのスキルアップが可能で、これもまた大きなメリットです。

 

また、癌で長期入院される患者さんとじっくり向き合う職場なので、やりがいが感じられるのもメリットです。治療についての不安を聞く等、コミュニケーションをとる機会が多く、看護師としての生死観、倫理観や仕事観を養うことが出来ます。そして、腫瘍内科は大学病院や大きな総合病院にしかないので、給与が全国的にみても高いです。

 

さらに、認定看護師等の資格があれば、資格手当が給与にプラスされることもあります。このように、大病院は様々な面で職場環境が整っていて、福利厚生が充実しています。総合的に働きやすく、メリットが多いのもこの科の特徴です。

 

看護師が腫瘍内科に転職するデメリット

反して、腫瘍内科で働く看護師のデメリットは、精神的負担が大きいことです。なぜなら、この科では人の生き死に大きく関わる治療が行われ、患者さんは辛い副作用や痛みを伴うことが多く、それを見ていられないこともあるからです。

 

しかも、治療の甲斐もなく亡くなられる患者さんもいます。この時に看護師としての虚しさや無力さで悩む人もいます。また、症状の重い患者さんが多いので、急変がたびたびあります。そうなると、予定や計画が全てずれ込んでしまうので、就業時間内に仕事を終わらせるのが難しくなってしまいます。

 

加えて、大学病院は勉強会や研修が多く、就業時間外の拘束時間が長くなりがちです。こういった理由で、残業の多い科ともいえるでしょう。その上、常に勉強する必要もあります。難しい疾患や治療が多いので確かに勉強は必須ですが、このためにプライベートの充実はほとんど望めません。この科で働くと、いつも忙しいでしょう。

 

このように、腫瘍内科は体力的にも精神的にもとてもハードで大変な職場です。しかし、大変珍しい科なので、就労に際して経験が問われない場合が多いです。福利厚生や職場環境が整った所でもあるので、もし就労や配属のチャンスがきたら、スキルアップ目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら

看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット