人気の転職サイト(登録無料)

看護師が小児科に転職するメリット・デメリット

子供が好きだから小児科で働きたいという小児科志望の看護師が多くいる一方で、小児科は大変そうだからできれば避けたいという看護師の声もよく聞かれます。では実際のところ、小児科で働くのはどんなやりがいや苦労があるのでしょう。

 

小児科には、成人を対象とする診療科にはない様々な特徴が挙げられますが、その中でも最も顕著な違いは患者さん自身だけでなく、その保護者への対応も重要となる、という点です。治療方法など、子供の患者さんだけでは決められないことがほとんどなので、必然的に患者さんの保護者とのコミュニケーションも多くなります患者さんへの対応はもちろんですが、それ以上に保護者に対してしっかりとした対応ができるか、というところもポイントとなります。

 

また、小児科の場合は成人科よりも緊急搬送・緊急入院が多く時間を読みづらいこともありますし、食事の介助や寝かしつけなど、治療業務だけでなく幅広い仕事が看護の内容として含まれます。

 

そして、小児科の何よりの特徴は、インフルエンザの流行る時期がとてもいそがしくなるという点です。毎年インフルエンザの流行る冬になると予防接種も増えますし、患者さんも多く訪れます。インフルエンザ患者に病気をうつされてしまうことは良くありますし、予防接種もワクチンの種類が多く、症状やタイプにあったワクチンを覚えるだけでもかなり大変だという看護師もいます。

 

看護師が小児科に転職するメリット

そんな小児科へ転職するメリットはまず「身につくスキルが豊富」という点です。小児科の場合、「小児」というカテゴリで子供が発症するあらゆる症状に対応する必要があるので、様々な寡黙について深く学べる環境でもあります。

 

また、実際に小児科で働く看護師から「仕事自体はハードで患者さんとその保護者の療法との交流が大変だが子供の笑顔にはかえられない」といった声が聞かれます。この「子供とのコミュニケーションに元気をもらう」というのもメリットのひとつです。

 

症状によって患者さんの健康状態はさまざまですが、病気を治そうと健気に闘病生活をしている患者の子供を見ているとこちらの方が元気をもらうというパターンもあります。子供が好きだという人にとっては、つらい面や大変な面も含めてやりがいのある職場だと言えるでしょう。

 

看護師が小児科に転職するデメリット

しかし、もちろん働く際のデメリットもあります。それは「親との関わり方や対応が難しい」という点です。小児科の一番の難しさは、何と言っても患者である子供だけではなく、その親とも深く関わる必要があるということでしょう。親にしてみれば、自分の大切な子供を預けるわけですから、看護師に対して厳しい目を向けるのは当然のことです。厳しい要望やクレームを受けることもあるようです。子供は好きなのに、保護者とのコミュニケーションが上手くいかずに小児科から転職するという看護師も数多くいます。

 

そして、小児科の難しさは「患者自身と意志疎通が図れないことも多い」と言う点にもあります。子供はそもそもなかなか言うことを聞いてくれませんし、理性的な行動をとってくれるわけではありませんから、内服だけで何時間もかかってしまったり、泣きつかれてしまったり、自分で点滴を抜いてしまったりということなども頻繁にあります。

 

ときには、泣き喚く子供を押さえつけて処置を施すこともあります。しかし、このようになかなか思い通りに治療が進まなかったとしても、自己点滴抜去により症状が悪化したり、ベッドから転落したりといった事故が起こった場合には、看護師は責任を負わなければいけません。このような、子供を扱う小児科ならではの難しさに嫌気が差してしまう方もいるようです。

 

実際に小児科で働いた経験がある看護師の意見としては、「小児科には患者との意思疎通の難しさ、親への対応、幅広い科目、仕事内容の幅広さ、など小児科ならではの大変さがあるため、「子供が好き」という気持ちだけでは難しい」という意見が大半です。

 

一方で、小児科ならではの大変さや辛さも含めて「やはり子供と接するのはとても楽しく、元気が出る」というのも小児科で働く看護師の方々の共通した意見です。
子供が好きというだけではなく、ハードな環境も十分に理解した上で、それでも小児看護に携わりたいという気持ちをお持ちの方であれば、とてもやりがいがある仕事だと言えそうです。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら

看護師が小児科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット