看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット

形成外科の対象となる部位は全身であり、対象年齢も子どもから高齢者まで幅広いため、病気が発生している場所や形状、病態などでも1つ1つ症例は異なります。更に、類似した症状であっても、治療をするうえで年齢や性別、容姿を考慮し、その人に適した治療法を患者さん自身と相談し決定していくため、それだけでも症例はすべて異なってくるのです。

 

同じ症状でも、若い女性なら容姿に関わる跡はなるべく残したくないでしょうし、逆にそれは気にならない、という患者さんもいます。そのため、様々な治療法を把握している必要もありますし、それぞれに対応した看護も必要となるのです。

 

形成外科では上記のように、様々な治療法・それに応じた看護を学ぶことが出来る他、形成外科では患者さんの心のケアにも深く携わる機会が多くあります。その業務内容は病棟と外来で異なってきます。まず病棟は、他の診療科と同様に食事のサポートや生活の補助、手術前や術後の管理などを行います。

 

とくに形成外科の場合は患部を固定したりスキンケアを行ったり、個別のケアが必要な場合もあります。形成外科の場合は他の診療科で治療を行い、同時に傷跡を目立たなくするなどの治療を行うこともあります。他の診療科との連携を行いつつの治療もあるので、スタッフ同士の連携のための調整も多いです。

 

形成外科の患者さんは、他人から見える部分に異常が見られたり、機能を失ってしまったりなどもあるので、ストレスを感じていることも多いです。そのため、精神的なケアも看護師の大事な仕事です。

 

外来の場合は診療の補助や介助、患者さんの誘導、体位保持などを行うことが多いです。特に形成外科での治療はなんらかの痛みを伴うこともあるので、身体を固定して動かないよう押さえることも多くあります。

 

看護師が形成外科に転職するメリット

形成外科で働く際のメリットはまず「様々な治療法・症例を経験できる」ことです。形成外科では治療の位置や形状、病態によってその治療法が変わります。性別や年齢なども関わってくるので、その人にあった治療方法を患者さんと決めていきます。その過程の中で自然と数多くの症例も知っていくこととなるのです。

 

さらに「コミュニケーション能力の向上が見込める」のもポイントです。患者層は子供から高齢者まで本当に幅広く、外傷のせいで容姿に自信が持てなくなっている人もいます。社会復帰のためにも、自分自身に自信を持てるようメンタルケアをしていく必要があるので、相手の立場に立ったコミュニケーションをしていく必要性が高いです。深刻なケースでは、傷が気になって人前に全く出られなくなるなどもあります。そういった患者さんと真正面から向き合うことで看護師のできる精神的なケアの幅が広がります。

 

看護師が形成外科に転職するデメリット

一方のデメリットで大きいのが「覚えるべき仕事の量が多い」ことです。一見するとどの診療科とも共通の点にも思えるかもしれませんが、患者層が広く、人によって気になる点がちはってくる形成外科は特に覚える業務の量が多いです。

 

例えば、特定の病気の治療に携わったり特定の診療科で長く勤務したりして、その分野の専門知識やスキルを持ったナースとして活躍したいという人にとっては、思うような仕事ができないと感じてしまうでしょう。また「現在よりも年収アップを狙うために転職を検討している」という人にとっては、形成外科への転職はデメリットとなることが多い傾向にあります。

 

というのも、ここで働くナースの年収は一般的な看護師の年収とほぼ同額であるためです。職場や担当業務によっては、手当が付いたり基本給が高く設定されていたりする場合もありますが、このようなケースはそれほど多くないのが現状です。

 

覚えることが多く、コミュニケーションの壁に阻まれて苦労も多い診療科であるのは確かですが、ここで学んだ知識や取得したスキルは他の診療科へ言っても利用できるものが多いです。勤務する価値は十分にあると言えるでしょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット