看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット

看護師の転職先のひとつに心臓血管外科があります。どのような仕事内容か紹介していきます。

 

心臓血管外科は、循環器系の診療科に属しており、虚血性心疾患、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離など、主に手術が必要な心臓や血管に関する疾患を扱う分野です。その中で働く看護師の大きな仕事として、手術介助があげられます。心臓に関する手術は、特に難しいものが多く、単に医師に手術器具を渡すだけではなく、渡す順番やタイミングをしっかりと判断する事が必要です。

 

また、手術は医師やその他の関係者が、チームを組んで行います。もちろん看護師もチームの一員ですので、周りとコミュニケーションを取り、仕事にあたらなければなりません。
場合によっては、緊急手術になることもあるので、予定外の手術にもしっかりと対応しなければなりません。

 

手術によっては、術後、集中治療室で一定期間、ケアを行う事もあります。その際の看護も、心臓血管外科の看護師が担当します。病棟の看護師との協力で看護にあたります。

 

看護師が心臓血管外科に転職するメリット

心臓血管外科で働く看護師のメリットとして、医療の最先端の手術が目の当たりにできる事です。大手術になることも多く、最新の医療機器を使い、手術の介助を行うことで、心臓や血管などの疾患に関する看護キャリアが積めます。

 

それに伴って、ペースメーカーやカテーテルなど学ぶ事も多いので、常に勉強する心構えでいる必要があります。

 

また、難易度の高い手術の介助を担当し、成功すると達成感があります。手術した患者が元気になり、社会復帰するのを見届けるのは、嬉しいことです。心臓血管外科は、実践を通して学ぶ事が多く、キャリアアップの為に選ばれる方も多いのです。

 

さらにキャリアアップする為に慢性心不全看護認定看護師や手術看護認定看護師などの資格を取られる方もおられます。

 

看護師が心臓血管外科に転職するデメリット

デメリットとしては、手術介助は常に緊張感が必要とされ、緊急搬送や緊急手術なども多く、急に手術介助が必要になる時が少なくありません。容態が急変する患者も多く、緊急時には残業なども増え、時には休日出勤もしなければなりません。

 

心臓血管外科で働く看護師は、命を扱う最先端の医療であり、少しのミスも許されない精神的な負担が多くあります。

 

たくさんの専門的な知識を覚える必要があり、研修も多くあります。心電図を読む事が出来れば、その後の転職の幅が広がりますので、キャリアアップを目指している方には、勉強する良い機会だと思います。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット