看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット

看護師が転職先のひとつに胃腸外科があります。どのような仕事内容か紹介していきます。

 

胃腸外科は、消化器科の中でも「胃腸」に特化した診療科です。職場は、病棟と外来の2つになります。病院を訪れる患者さんも多く、多忙であるので、看護師にはテキパキと仕事をこなしていくスキルが必要です。清潔ケアや食事介護、点滴、採血、バイタルサインのチェック、診療の補助など基本的な看護業務の他にもオペ前後の処置や説明、指導などの業務が加わります。

 

また、胃腸外科に限らず医療技術は、日々進歩しているので、それらに対応できるように勉強し続ける事も必要です。最近では、大腸がんの発見や治療に内視鏡をを使い、カメラで見ながら患部を切り取る治療は普通に行われ、胃カメラも昔に比べて飲みやすくなりました。最新の技術に関して積極的に勉強して知識を増やす事も、重要なことです。

 

胃潰瘍や大腸炎などの他に、特に多いのが胃がんや大腸がんなどのガンの患者さんです。入院する患者さんの大半は手術を行うことになります。手術によってそれらを治療して、健全な状態に戻してあげる役割を担っているので、手術に対しての不安から不眠や鬱状態に、なってしまう患者さんもたくさんいます。ストレスや不安に配慮して、精神的なケアも大切な業務の一つです。

 

また、患者さんの食事指導や投薬の管理なども行います。患者さんの症状に応じ、適切な治療食の説明や指導、食事内容を選択し、常に食事の摂取量や症状を確認し、担当医師へ報告をしなければいけません。

 

看護師が胃腸外科に転職するメリット

胃腸外科に転職する看護師のメリットは、外科的な処置や血液培養採血、チューブ類などの管理さらに輸液ポンプや人口呼吸器などさまざまな医療機器管理に関わり、覚えることはたくさんありますが、スキルを身に付けていく程に看護師として成長していることが実感としてあじわえます。

 

胃や腸といった身体にとって重要な器官の病気を扱うだけでなく、ガンの治療も数多く扱う為、ガン看護が身につけることができます。ガンで手術や抗がん剤で治療が行われる一方で、進行するガンには、痛みが出たり吐き気を訴えたりと看護は簡単ではないのですが、ガン看護が出来れば他の科に移動になったり、他の病院に行っても役に立つことがたくさんあります。

 

基本的に手術や内視鏡などで回復して、退院されていく患者さんが多いので、明るく活気があるところが比較的多く、楽な職場ではありませんが、やりがいは感じやすいと思います。

 

胃腸外科と胃腸内科を両方診察している病院も多いので、そういったところでは、診断から急性期、慢性期、終末期すべての状態を体験できるのも胃腸外科の強みです。

 

ガンが増えてきている今、胃腸外科の存在も大変重要になってきています。そこでの経験を持つ看護師は、重宝されることが増えています。また今後、どの科に行っても胃腸外科での経験は、役に立つことは間違いないと思います。

 

看護師が胃腸外科に転職するデメリット

一方デメリットは、やはりその仕事のハードさです。外来にも毎日たくさんの患者さんが来院されます。病棟では、手術などによって病気が治り、退院されていく患者さんがおり、明るい雰囲気のところが多いのですが、長い間ガン治療を受けている患者さんも多く、痛みや吐き気と、たたかっておられる辛い姿を見るのは、精神的にキツイところがあります。

 

キャリアアップを目指している看護師には良い環境ですが、そうでない看護師には、ハードに感じられるかも知れません。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット