人気の転職サイト(登録無料)

看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット

看護師はどの科で働く場合もそれぞれ違いがあり、それによってメリットやデメリットが生じる場合もあります。肛門科は女性が多い看護師業界では避けられるイメージがありますが、実はメリットも多いため人気がある科です。では肛門科に転職した場合のメリット・デメリットとは何でしょうか。

 

看護師が肛門外科に転職するメリット

肛門科に転職するメリットとしては、まず残業や夜勤が少ないことが挙げられます。内科や外科では救急診療もあることが多いため、少なからず残業や夜勤をする必要があります。

 

しかし肛門科では救急診療を行うことはあまりないため、基本的には時間通りに退勤できます。

 

また、入院施設がない場合も多く、あっても長期入院することはあまりないため病床数もすくないことで夜勤があっても負担は少なくなります。育児や介護などと仕事を両立している人には特に人気があります。

 

また、肛門科の給料は他の科に比べて高めに設定されていることが多いため、収入を増やしたい人にはうってつけです。肛門科は治療のためにあまり見たくない、汚い部分を見なくてはいけないのでその代りに給料が高めになっていると思われます。

 

肛門科は痔をはじめとした肛門の疾患が主だと思われていますが、それだけではなく大腸がんや大腸炎などの内臓の疾患も扱います。そのため毎回肛門付近を診なくてはいけないわけではなく、さらに専門的な器具なども多いため専門知識が必要となることも多い科です。

 

主な仕事となるのは点滴や注射などの基本的な処置よりも、肛門科の専用機器を使った検査業務や医師のオペ介助が多く、治療へのアプローチも他の科とは異なってきます。そのため、採用時は専門知識やスキルがなくても問題ない場合が多く、採用後にしっかりと専門知識を学ぶことができます。

 

とはいえ肛門科はその診療内容から20代の看護師などは患者が嫌がることも多いため、30代から40代の看護師を採用する場合が多いようです。そのためベテラン看護師だけではなく、いったん仕事を離れたブランク明けの再就職先、夜勤が難しいママ看護師などに向いています。

 

また、機械出しなどの力仕事なども多いことと処置部分がデリケートなことから異性に処置されることを嫌がる患者も多いことから男性看護師が採用されやすいこともメリットです。

 

看護師が肛門外科に転職するデメリット

反対に肛門科に転職するデメリットもあります。肛門科は専門的な診療科であり、肛門や大腸などの限定的な部位における疾患の治療を行います。

 

そのため検査機器や治療法など専門的な知識を得る機会は多くなるものの、注射や点滴といった基本的な処置スキルに関しては行う機会がほとんどないためスキルの低下につながるというデメリットがあります。そのため、肛門科に長く勤めている看護師は他の科に転職したいと考えたときに不利になるかもしれません。

 

また、肛門科の診療内容としては痔や大腸がんなどがよく知られていますが、肛門科という名前自体に偏見を持っている人もいます。そのため、勤務先を肛門科ということに抵抗を覚える場合もあります。診察する場所がデリケートなので、患者が異性だった場合はどうしても恥ずかしいと思われることも多いので、患者に対する気配りが必要となります。

 

こうしたメリット・デメリットがある肛門科ですが、専門知識が必要となることも多いためスキルアップにも向いており給与も高いことが多いため人気がある科です。

 

診療内容から患者が受診しやすいように明るい雰囲気を作ったり、患者の気持ちを汲み取らなければいけないのでコミュニケーションが大事となるため、そうした面でもスキルアップが望めます。肛門科への転職を考えている場合は、そうしたメリット・デメリットをよく検討した上で転職しましょう。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら

看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット