看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、小児外科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

小児外科は0歳児から15歳までの子どもを対象とした小児科の中でも、特に外科手術を必要とする病気について扱う診療科目です。心臓外科や脳神経外科、形成外科などの処置が必要な場合は別途それぞれの専門医に引き継ぐので、小児外科で取り扱うのは主として先天性の疾患と一般外科となります。先天性の疾患では症状が複雑に重なり合って手術や治療に関して他の科では難しい場合などは小児外科の取り扱いとなります。それ以外にも、小児がんや腸閉塞なども取り扱います。

 

小児外科はその診察内容から、子どもの身体のつくりや機能に対して解剖生理学に基づいた正確な知識が必要となります。子どもの身体というのは未成熟なため、大人の身体とは異なるところが多いので同じ病気でも症状や進行状況なども異なってくるので子どもに対する専門知識が必要となります。そのため、通常の外科を経験している人でも覚え直すことが多くなってきます。

 

看護師が小児外科に転職するメリット

小児外科に転職するメリットとして1番に上がるのは、常に子どもと触れ合いながら働けることでしょう。子どもは大人より心細く思うことが多いため、特にコミュニケーションを密接にして信頼を得られるようにする必要があります。病気が治って回復し、退院していく姿を見るのが何よりも喜ばしいと感じる人も多く、やりがいを感じることができます。

 

また、小児外科の専門知識を学べることも大きなメリットです。先ほどもいったように子どもの身体のつくりは大人と異なるため、小児外科ではそれに応じた知識が必要となります。

 

小児外科の看護師は、子どもの疾患や解剖生理学などの広い知識を持つ必要があり、手術をスムーズに進めて安全に受けられるように全身状態の観察やアセスメント、看護計画の立案などをしていく必要があります。こうした知識を学ぶことで、キャリアアップにつなげることができます。

 

看護師が小児外科に転職するデメリット

反対に小児外科のデメリットとしては、子どもとその家族に対するコミュニケーションがとても難しく、子どもを心配する家族の目がシビアであることがあります。子どもとの信頼関係を上手く築けなければ治療もスムーズに進まないことも多くなるので、子どもとの触れ合いが苦手な人にとっては難しい職場となります。

 

また、子どもの家族は子どものことを心配するあまり、看護師に対して厳しくなることもあります。特に付き添い入院をしている場合などはそのコミュニケーションが大変繊細になるため通常よりも難しくなり、ストレスから看護師に当たることもあります。そのため、子どもだけではなく家族に対してもしっかりと信頼関係を築く必要があるのです。

 

小児外科には専門的な知識に加えてコミュニケーション能力も必要となります。保育士などと違って遊びを通してコミュニケーションをとることは難しく、さらに子どもだけではなく家族に対してもコミュニケーションを十分にとる必要があります。

 

また、手術を受ける子どもは大きな不安を抱くため、精神的なケアも必要となってきます。そのため、小児外科の看護師にはコミュニケーションを取りながら信頼関係を築き、きちんと不安に思っていることを子どもや家族から聞き取り、その不安を解消するための知識が必要となります。

 

小児科の求人はそれなりにありますが、小児外科の求人はそれほど多くありません。そのため、小児外科に転職を考えている場合は小児科と併設されているところも多いので小児科全般の知識も併せて覚えるようにしましょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット