人気の転職サイト(登録無料)

看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、皮膚科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

皮膚科は他の診療科目に比べて残業や夜勤が少ないため、家庭の事情や子育てなどの都合できちんと時間が決まった仕事をしたい看護師に人気があります。

 

また、治療の結果が目に見えてわかりやすいことからやりがいを感じやすい診療科目でもあります。皮膚科では皮膚の疾患全般を診療する診療科目であり、看護師は診療の際に医師の介助を行うことや患者に対して薬の使い方、毎日のケア方法を説明することが主な業務内容となります。容体の急変やオペなどはほとんどないため、急な仕事というのはあまりありません。

 

看護師が皮膚科に転職するメリット

皮膚科に転職するメリットとしては勤務時間が安定していることもそうですが、出産や結婚などで一度退職してブランクがある人が復職しやすいという特徴もあります。処置が他の診療科目に比べて簡単な場合が多いので、ブランクを気にする必要なく働けるからです。そのため、復職する時の職場としても人気があります。

 

また、皮膚科の診療は血液データや機械による診察もありますが、ほとんどは視診での回復状況の確認が大きな割合を占めています。治療も外用薬を塗布する場合が多く、その回復の経過がわかりやすいためモチベーションにつながりやすい面があります。

 

それに加えて皮膚科では死亡する患者や急変リスクを抱えた患者というのはあまりいないため、患者の死に対面することが少なく看護師の精神的なストレスが少ないというメリットもあります。

 

看護師が皮膚科に転職するデメリット

反対にデメリットとなるところは、まず看護師としてのキャリアアップにはつながりにくいことが挙げられます。皮膚科には病床があるところが少ないため、オペ対応や介助などの病棟勤務での経験を積むことは難しいのです。そのため、病棟勤務がある他の診療科目に転職する際にはキャリアとして評価されにくいこともあります。

 

また、皮膚科は病院によってはかなり患者数が多く、勤務内容としてはかなり忙しいことがあります。そのため、外来看護師の中では仕事が慌ただしい場合もあります。また、その診療内容が命に関わることが少ないことから緊張感を持てないという人も少なくありません。

 

皮膚科の仕事は、医療の最先端で働いてキャリアアップをしていきたいと考えている看護師にはあまり向いていません。しかしカルテや問診票の整頓や医師の治療に対するスムーズなサポートなどが求められるので、決まった業務に集中して取り組むことが得意という看護師には向いています。

 

また、皮膚科の看護師に求められる能力は皮膚の症状の変化に気付くことができる観察眼や、患者を待たせてしまっていても上手になだめて接することができるコミュニケーション能力などがあります。また、皮膚科の処置は難しくないとはいえ、時間をかけてしまうと患者をイライラさせてしまうため適切な処置を迅速に行えることも必要となります。

 

皮膚科では湿疹やかゆみだけではなく、水虫や帯状疱疹、水疱瘡といった根治に時間がかかるうえに感染性がある疾患の患者も数多くあります。場合によっては接触により看護師にも感染してしまうことがあるため、感染リスクを抱えることは覚悟しておかなくてはいけません。特に外用薬を塗布する際などには注意が必要となります。こうした感染リスクもあることを踏まえたうえで皮膚科への転職を考えましょう。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら

看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット