看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、泌尿器科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

泌尿器科にかかる患者の疾患は主として腎臓や膀胱、男性器などに関するものです。その疾患にかかるのは特に男性の患者が多く、その診療内容から男性の看護師も多く採用されます。女性は泌尿器科にかかるような疾患を抱えた場合は婦人科に行くことが多いようですね。

 

とはいえ全くいないわけではなく、診察の際に異性の看護師では恥ずかしいと思われるため女性の看護師も必要とされます。泌尿器科に勤める看護師の主な仕事内容は患者への問診やバイタルチェック、病状の説明などです。性病などの疾患で泌尿器科にかかる患者も多いため、デリケートな内容も多いので患者が精神的に抵抗を感じる場合も多々あることから適度なコミュニケーション能力が必要となります。

 

看護師が泌尿器科に転職するメリット

泌尿器科で働くメリットとしては、まずクリニックが多いためオペや入院に対応することが少なく、残業や夜勤があまりないことがあります。看護師の仕事は不規則となりやすいので子育てや介護などの都合がある場合は厳しいので、決まった時間で働けるというのは大きなメリットとなります。

 

また、泌尿器科では特定の季節に増える疾患などは殆どないので、忙しさの変化というのも起こりにくいこともメリットです。

 

クリニックなど少人数での勤務になるため、人間関係が良好な場合が多いこともメリットと言えるでしょう。病院勤務などの場合は交代制であることもあって人数が多く、女性がほとんどのため人間関係について悩む場合もおおくあります。しかし泌尿器科の看護師は男性も多く、時間も決まっているため規模にもよりますが少人数となるのです。

 

泌尿器科には男性の患者が多く、前立腺肥大症や尿道結石など男性特有の病気を扱うことが多いので、それに対する専門的な知識を身に着ける必要があります。また、性病は男女共通ではあるものの関連した知識も学ぶことができ、こうした専門的な知識を学ぶことでスキルアップを目指すこともできます。

 

看護師が泌尿器科に転職するデメリット

反対にデメリットとなるのは、まず女性の看護師は男性患者に嫌がられ、男性の看護師は女性患者に嫌がられることが多い点です。どうしても診察する箇所がデリケートな部分となるため、異性に診察されることに抵抗がある場合が多いのです。

 

また、女性看護師が男性患者からセクハラを受ける可能性もあります。特に若い看護師はその標的となりやすいため、先輩から注意事項を聞くなどしてしっかりと心構えをしたうえで仕事に臨むようにしましょう。

 

また、泌尿器科はクリニックで勤務する場合も多く、夜勤もないため給与はあまり高くない場合が多いようです。総合病院などの方が給与は高いでしょうが、その場合は他の診療科目に移る可能性も高くなります。

 

泌尿器科は診療で扱う疾患のせいで若い看護師などには敬遠されやすい診療科目です。しかし患者の中には女性もいるため、どうしても女性看護師も必要となります。そのため、女性の看護師も何人か必要とされます。

 

ただし、女性看護師は男性患者からセクハラを受けることもあり得ますので、なるべく毅然とした態度で挑めるようにしておきましょう。また、泌尿器科で扱う腎臓や膀胱の疾患に関しても内臓の一部であるため、他の内臓に悪影響を及ぼす可能性があるので内科全般に対してもしっかりとした知識が必要とされます。こうした点を踏まえたうえで、泌尿器科への転職を探す場合はしっかりと検討した上で申し込みましょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット