看護師が眼科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、眼科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

眼科は残業や夜勤が少ないため、安定して働けるので人気が高い診療科目です。また、患者の死亡や急変リスクが少ないため看護師の精神的な負担が少ないことも人気の理由となっています。その仕事内容は患者のバイタルチェックや問診といった一般的なことに加えて、眼科の専門機器を用いた検査や治療も含まれます。白内障や緑内障などの疾患を患っている高齢者の患者も多いので、そういった疾患に関する専門的な知識が必要となります。

 

眼科は人間の身体の中でもとくにデリケートで複雑な眼球を対象とした診療科目なので、それに対応した高い専門性と経験が必要とされます。また、近頃は目の疾患を患った高齢者だけではなくスマートフォンやパソコンの利用が増えたことで和解患者が増えています。また、コンタクトや眼鏡の作成、レーシック手術を目的とした患者もいるので患者の年代は幅広く、看護師の業務領域も広がっています。

 

看護師が眼科に転職するメリット

眼科で働くメリットとしては、まず患者に死亡や急変リスクがほとんどないことが挙げられます。そのため、看護師の精神的なストレスが少なくなります。また患者とのコミュニケーションは大切ですが、目の疾患以外は健康な患者も多いためそれほど難しくはないこともメリットとして挙げられます。

 

眼科はクリニックの場合も多いのですが、クリニックでは夜勤や残業も少なく、場合によってはパート勤務も可能など時間の都合をつけやすいこともメリットです。そのため子育てをしながら働く看護師なども働きやすい環境です。ただし、総合病院などの病棟勤務の場合はオペなどもあるため、残業や夜勤も増えてきます。ただしその場合は給与が高くなるため、時間と給与のどちらを重視する場合も選択できます。

 

眼科の患者は目の疾患以外は健康な場合が多いため、あまり介助を必要としないことがほとんどです。そのため力仕事などはあまりなく、夜勤が少ないことも併せて体力に自信がない人でも働きやすい職場と言えます。

 

看護師が眼科に転職するデメリット

その一方で、デメリットとなることもあります。まず眼科の処置は専門的なことが多く、一方で点滴や採血などはあまり行わないため普通の処置をする機会が少ないので、通常の処置に対するスキルが鈍ってしまう場合も多いようです。そのため、看護師としてのベーススキルを高めることは難しくなります。

 

眼科の仕事はおおよそ同じような処置、検査をすることが多いので、毎日同じような仕事内容を繰り返すことになります。そのため慣れてくるとやりがいや達成感を感じにくくなり、ルーチンワークのように感じる人も多いようです。

 

眼科で働く看護師は、個人で仕事を勧めていきたい人や決まったことを繰り返していきたい人に向いています。また、ブランク明けの復職を望む人や時間に融通を聞かせたい人などにも向いています。ただし、病棟勤務や混雑している眼科では夜勤があったり、毎日込み合うため予定通りに終わらない日が多いことなどもあります。クリニックなど小規模の眼科では拘束時間が短い代わりに給与も安いことが多いため、自分の希望に合わせて求人を探すようにしましょう。

 

眼科は楽そうに見えますが、専門知識を身に着けることが必須となります。もしも眼科に転職することを考えているのであれば、臨床経験を積みながらしっかりと知識を学ぶつもりで転職するようにしましょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が眼科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット