看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、耳鼻咽喉科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

耳鼻咽喉科では、主に中耳炎やアレルギー性鼻炎といった耳や鼻に関する疾患の治療を行います。一般的に耳鼻科と呼ばれることもありますが、耳や鼻だけではなく口や咽喉もその診療内容に含まれており、正式には耳鼻咽喉科となります。耳鼻咽喉科における看護師の仕事内容としては、バイタルチェックや医師の介助などの看護業務に加え、耳鼻咽喉科専用の器械を用いる検査や治療を行うことも含まれます。

 

耳鼻咽喉科の特徴としては、疾患に合わせて専用の器械を用いた治療を行うことであり、その器械の種類や検査方法は多岐に渡ります。外来での診療が主であり、通常は入院やオペなどはほぼ行われることはありません。そのため、看護師としては残業や夜勤が少なく、決まった時間で働けることから人気のある診療科目となっています。

 

看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット

耳鼻咽喉科に転職すると、耳鼻咽喉科の専門スキルを学ぶことができます。耳鼻咽喉科では専用の器械を用いて検査や治療を行うため、それらを取り扱う専門スキルが必要となります。ただそれは事前に覚えていることが必須ではなく、働きながら身につけることができます。

 

また、処置に関しても一般的な注射や点滴といった処置は少ないのですが、耳鼻咽喉科ならではの耳や鼻、咽喉に関する処置を行うためそういった専門スキルもおぼえることができます。

 

耳鼻咽喉科に来るのは子どもも多いため、子ども好きの看護師にも人気が高い診療科目です。耳鼻咽喉科に来る子どもの症状は中耳炎や鼻炎、耳垢取りなどが多いので、命に関わる疾患や重篤な症状は少なく、あまり深刻に関わることはないのです。

 

また、中耳炎による耳の痛みや鼻づまりなどの処置によって結果がわかりやすい症状が多いため、改善した患者から感謝されやすくモチベーションにつながりやすいこともメリットとなるでしょう。

 

さらに耳鼻咽喉科はクリニックが多く、夜勤や残業などはあまりないこともメリットです。子育てや介護など、家庭の事情により決まった時間で働きたい看護師などには特に重要なポイントとなります。

 

看護師が耳鼻咽喉科に転職するデメリット

反対にデメリットとなる部分としては、花粉症の季節やインフルエンザの流行時期などは外来がとても増え、かなり忙しくなってしまうことがあります。もちろんなるべくスムーズに進めていこうとはしているでしょうが、どうしても患者が多すぎるため待ち時間が長くなってしまいます。場合によってはクレームなども受けてしまうため、花粉症やインフルエンザが増える時期は精神的な負担が大きくなります。

 

また、子どもが多いことは子どもが苦手な人にとっては大きなデメリットとなります。特に耳や鼻に対する処置は嫌がる子どもも多いため、嫌がる子どもにいうことを聞かせるのは子どもが苦手な人にはつらいものがあるかもしれません。

 

耳鼻科の処置は他の診療科目における処置とは違うことが多いため、点滴や注射といった基本的な看護処置のスキルアップが難しいこともデメリットとなります。また、介助などについてもあまり行うことがないため、こうしたスキルに関してもスキルアップが難しいため他の診療科目に転職を考えた際には不利になってしまうかもしれません。

 

耳鼻咽喉科に転職する際は、勤務経験はそれほど必要とはされず、働きながら必要な専門知識を学んでいくことができます。患者には子どもが多いので、子どもが好きな人と嫌いな人でメリット・デメリットが分かれてしまうでしょう。また、インフルエンザや花粉症の時期にはかなり忙しくなるため、そうしたことも踏まえたうえで耳鼻咽喉科への転職を考えてみましょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット