看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、アレルギー科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

これまでアレルギー症状は、花粉症やアレルギー性鼻炎など鼻の症状であれば耳鼻咽喉科、アトピーやじんましんなど皮膚の症状であれば皮膚科と症状に合わせた診療科目で診察を行っていました。

 

しかしアレルギー疾患の患者が増えてきたことで専門科目が設けられ、アレルギー科を設置する病院も増えてきました。アレルギーの症状とその原因となるものは多岐に渡り、花粉やほこりを原因としたものは鼻や咽喉の症状が主となりますが、蕎麦や小麦、豆類など食べるとショック症状を起こして重篤な状態になるものもあります。アレルギー科ではこうした疾患を総合的に治療していきます。

 

アレルギー科の患者は基本的に通院での治療を行いますが、症状が重篤な場合や特別な治療が必要となった時は入院が必要となることもあります。そのため、アレルギー科では外来だけではなく病棟勤務の看護師も必要となり、残業や夜勤なども行う場合があります。

 

アレルギーの症状は突然表れることがあるので、看護師は突発的な状況でもすぐさま対応できるようにアレルギーやそれに伴う症状、対応方法なども勉強しておく必要があります。子どもにアレルギー症状が表れたときなどは家族も精神的なショックを受けていることが多いので、患者やその家族に対する精神的なケアも必要となります。

 

看護師がアレルギー科に転職するメリット

看護師がアレルギー科に転職するメリットとしては、日々進歩していくアレルギー疾患の治療に対して最先端の技術を学んでいけることです。特に患者の多い花粉症に対してもレーザー治療など様々な治療法が出てきますので、そうした最先端の医療に携わることができるのは大きなメリットでしょう。

 

また、アレルギーの症状を改善するためには長期間にわたって治療を続けていかなければなりません。通院治療の場合は自宅で行う処置も増えてくるので、そうしたことを患者に説明し、納得してもらうためにはしっかりとコミュニケーションを取り、信頼を得なければいけません。

 

患者の不安に対して相談に乗るなど、看護師としてやりがいのある仕事ができることもメリットとなるでしょう。アレルギー科にかかる患者は子どもから高齢者まで幅広い年代になるため、しっかりと話していけばどんな患者ともうまくコミュニケーションが取れるようになり、看護師としてのスキルアップにもつながります。

 

看護師がアレルギー科に転職するデメリット

反対にデメリットとなることは、かなり忙しいことがあります。特に花粉症の時期などは患者数も一気に増え、完治まで時間がかかることもあって患者数は膨らむ一方となるので残業なども多い傾向となります。その際は患者も待つ時間が増えてしまい、イライラしてしまう人もいます。そうした患者のクレームなどを処理する必要もあり、精神的な負担も増えてしまいます。

 

また、病棟勤務の際は入院患者の容体に特に気を配る必要があります。アレルギー疾患の場合は突然発作をおこして症状が急変することも少なくないため、気を抜けない職場となり、常に対応できるようにしなくてはいけません。

 

病気の不安に悩む患者を精神的に支えるのはどの診療科目の看護師にも必要なスキルとなるため、アレルギー科でコミュニケーションスキルを身に着ければ他の診療科目に転職しても役に立つでしょう。まだアレルギー科は少ないですが、これからますます増えていくと思われるため将来的に転職する選択肢は広がっていくでしょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット