人気の転職サイト(登録無料)

看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、リウマチ科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

リウマチ科とは、関節やその周囲に腫れや痛みを伴うリウマチを中心とした自己免疫疾患の診察や治療を行う診療科目です。その治療は薬物による療法や外科的治療、リハビリテーションなどが主となります。

 

リウマチの代表的なものが関節リウマチですが、関節リウマチは高齢者がかかる疾患と思われがちです。しかし実は30代でも発症する可能性があり、特に女性が発症することが比較的多い疾患です。体全体の関節に腫れや痛みを伴うため、放置しておくと日常生活に支障をきたすこともあります。

 

しかし、現在は治療法も進歩しており、血液検査やレントゲンなどで早期発見し、治療を開始することで通常の生活を送ることもできるようになっています。

 

リウマチ科の患者は高齢者が多く、リハビリテーションもあるため長期間にわたって定期的に診察にきます。リウマチ科の看護師の仕事は医師の指示のもと、尿検査や血液検査、注射、点滴などがあり、主な治療方法は薬物療法となります。

 

リウマチは直接命に関わることはあまりありませんが、完治が難しく長期的な治療が必要となる疾患です。長期的なリハビリテーションによって患者の心身に大きな負担がかかるため、看護師は患者の身体的な介助や精神的なケアも必要となります。

 

看護師がリウマチ科に転職するメリット

看護師がリウマチ科に転職するメリットとしては、患者に寄り添った介護ができるため看護師としてのやりがいを感じられることが挙げられます。リウマチ科には認定看護師の制度はありませんが、日本リウマチ財団によって登録リウマチケア看護師制度が設けられています。

 

これはリウマチの治療において看護師の重要性を認められているということでもあるので、リウマチ科の看護師になったら登録を目指すことで自身のスキルアップにもつながりますし、患者の安心にもつながります。

 

総合病院のリウマチ科はそのほかの診療科目に比べて給与が高い傾向があり、収入アップを目指す人にはメリットとなります。ただし、クリニックなどのリウマチ科ではそのクリニックごとに大きく異なるためその限りではありません。

 

看護師がリウマチ科に転職するデメリット

反対にリハビリ科に転職するデメリットとしては、治りにくい疾患のため精神的な負担が大きいことがあります。リウマチの患者は痛みなどを訴えることが多いため、治療を行っていても痛がる姿を見ることは精神的につらいという人もいます。また、リウマチは完治することが基本的にないためやりがいを感じにくいということもあります。

 

また、リウマチが進行していくと関節の変形に伴って痛みが強くなり、日常の動作にも支障が出ることがあるため看護師が介助することがあります。食事の介助などは問題ないのですが、褥瘡防止のため体位変換を行ったりトイレ介助を行ったりする必要がある患者もいるため体力的にも大変な場合があります。女性にとっては重労働となるため、それをデメリットと感じる人もいます。

 

リウマチ科に転職する場合、まず精神的なストレスが大きい職場ということを理解しておかなければいけません。リウマチは完治することが基本的にないため、痛みに苦しむ患者の精神的なケアを求められます。何人もの患者の精神的なケアを続けていると看護師の精神的なストレスが大きくなるため、そのことを踏まえたうえでリウマチ科への転職を検討していきましょう。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら

看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット