人気の転職サイト(登録無料)

看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、麻酔科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

そもそも麻酔科医が少ないため、麻酔科の看護師はごく少数です。麻酔科は病棟があるわけではなく、普段患者の処置や介護を行う診療科目でもありません。基本的には手術の際に麻酔科の医師が手術中の麻酔や鎮痛剤、筋弛緩剤などの投薬を行います。

 

また、手術中のバイタルサインをチェックしながら適宜昇圧剤や降圧剤、あるいは麻酔の再投与などを行うのが麻酔科の医師の仕事となるため、看護師の仕事は手術中の麻酔開始をサポートすることが主な業務内容となります。ただ、最近はがんの痛みを和らげるなどの緩和ケアに麻酔科の医師が必要とされるケースが多くなっているため、そのサポートという形で看護師の仕事も増えています。

 

麻酔科の看護師は外来となり、患者の疼痛緩和、ペインコントロールに関する看護を行います。疼痛がある患者が外来に来たとき、痛む箇所や痛みの強さを把握して、状態に合わせた声掛けなどを行います。そうして医師の指示を受けて鎮痛剤の処置や介助を行い、患者の状態を観察していきます。痛みを訴える患者はデリケートなので、コミュニケーションや精神的なケアが大切になります。

 

看護師が麻酔科に転職するメリット

看護師が麻酔科に転職するメリットとしては、専門性の高い仕事ができるということがあります。麻酔科医は手術の際に薬品の投与についてコントロールしていきますが、それをサポートする看護師にも相応の専門知識が必要となります。

 

また、緩和ケアのニーズが高まっているため、麻酔科の業務内容も増えているので手術以外にも麻酔を使うことが増えています。通常の病棟や外来勤務では麻酔を用いることはほとんどないので、麻酔科での経験は貴重なものです。麻酔科の看護師は少数だからこそ麻酔のことをよく知る看護師は希少な存在となり、転職の際にも有利になることがあります。

 

看護師は患者とのコミュニケーションが大切であり、患者と接することが多い仕事です。しかし看護師の中にはコミュニケーションが苦手という人もいます。麻酔科の看護師は直接患者と接することが比較的少ないので、コミュニケーションが苦手という人にはメリットになります。手術の際は医師や他のスタッフとのチームプレイとなるのでコミュニケーションは大切ですが、対応する人数は少ないうえ初対面ということはあまりないのである程度楽にコミュニケーションをとることができるでしょう。

 

看護師が麻酔科に転職するデメリット

麻酔科に転職することのデメリットとしては、患者とのコミュニケーションが得意な人はその機会が少ない事でしょう。やはり看護師の仕事は患者とのコミュニケーションを取りながら看護をして病状の改善を見届けたい、と考えている人には麻酔科は不向きでしょう。

 

また、麻酔科の看護師は数が少ないため、募集があまりないこともデメリットとなります。麻酔科への転職を希望していてもなかなか求人がなく、タイミングが悪いと転職するまでの期間が延びてしまうことが多いことが問題となります。そのため麻酔科の看護師を希望する場合は、手術室勤務なども併願しつつ転職先を探す方がいいでしょう。

 

麻酔科の看護師は専門的な仕事をしますが、他の診療科目とは仕事内容が異なるため特にベテランの看護師でなければいけない、ということはありません。様々な事を学べてキャリアアップにもつながりますので、もしちょうど求人が見つかった時は積極的に応募してみるのもいいと思います。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

各サイトで保有求人が異なるので最低でも3サイト以上の併用がオススメ。
  サイト名 対応地域 求人数 非公開求人 費用 詳細
看護roo! 首都圏/東海/関西 37,000件以上 多数あり 無料 詳細
看護のお仕事 全国 12万件以上 多数あり 無料 詳細
マイナビ看護師 全国 約10,000件 多数あり 無料 詳細

>> ランキング詳細はこちら

看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が救急科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット