看護師が救急科に転職するメリット・デメリット

看護師は転職の際、様々な診療科目から転職先を選ぶことができます。これまでと同じ診療科目に転職する看護師もいれば、新たな診療科目に転職してスキルアップを目指す看護師もいます。その診療科目によってそれぞれメリット・デメリットがありますが、救急科に転職する場合のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

救急科は24時間体制で患者を受け付けており、主に交通事故や休日・深夜に急に具合が悪くなった患者が救急車で運ばれてきます。そのため緊急度の高い患者が多く、看護師は患者の様子を見て素早く判断を下して重症度を測り、可能な限りの救急処置を施します。

 

そして医師に連絡をして到着するまでに必要となる薬剤や機器を予め準備しておかなければいけません。そのため、救急科の看護師に求められるのは早く適切な診察が行えるよう、臨機応変に動くことです。

 

救急科は直接的に患者の命がかかっている職場なので、看護師としてのやりがいを感じるとして人気があります。また、診療科目に関わらず様々な病状に対応するスキルが身に着くため、ジェネラリストとしてのスキルを磨くこともできます。特に大切なのは、医師の指示に対して即座に反応する力です。戸惑ったり聞き返したりすることで時間が経ち、それによって命に関わることもあります。

 

最近はトリアージナースという看護師の職務に注目が集まっています。トリアージナースとは、救急科において患者の緊急性を把握し、優先順位の高い患者の診察を先に行うなど救急科の診察の流れを適切に作ることができる看護師の事です。

 

救急科は常に混み合っているため、トリアージナースの働きは重要なものとなっており、必要性が高まっています。しかし実際にトリアージナースがいる病院はとても少なく、資格を取れるように教育を進める動きが進んでいます。

 

看護師が救急科に転職するメリット

看護師が救急科に転職するメリットとしては、救急看護の高いスキルを身に着けることができる事があります。救急科は時間との勝負となるため、患者の処置は一刻を争います。看護師は何をするべきか自分で考えて動いていかねばならず、何度も説明が必要な看護師は医師にも嫌がられてしまうため、必然的にスキルを高めていかなくてはいけないのです。

 

また、救急科では様々な症状の患者が運ばれてくるため、診療科目を超えた様々な症状を診ることができます。そのため幅広い知識が必要となるのですが、その分多くの経験を積むことができます。また、救急科を経験した看護師はその経験から、他の診療科目に転職してもてきぱきと動けるので即戦力として採用されることが多く、歓迎されます。

 

看護師が救急科に転職するデメリット

救急科に転職するデメリットとしては、仕事内容がとても忙しいことが挙げられます。忙しい日は休憩時間もなく走り回ることになるため、体力的にハードな仕事になります。患者の命がかかっているため必死で仕事をこなしていくうちに一日が終わってしまうので、長く勤め続けるのは難しいといわれます。

 

救急科に運ばれてくる患者は重篤な状態であることが多いため、治療の甲斐なく命を落としてしまう患者も少なくありません。そのとき患者の家族に対応するのはつらいものがあり、そのため精神的に強くないと務まらない職場です。

 

仕事中は常に緊迫した雰囲気になっているため、些細なミスで先輩に叱られることも少なくありません。そうした経験を重ねて対応が早くなり、必要なスキルを身に着けていくのですがやはり精神的なストレスになりやすくはあります。

 

救急科では患者とのコミュニケーションなどはあまりとれないため、一般的な看護師とはかなり異なる業務内容となります。しかし判断や行動が早くなるなど、キャリアアップとしては優れた職場であるため希望する看護師は多く、人気の職場です。救急科に転職しようと考えているのであれば、その忙しさや厳しさを踏まえたうえで決断したほうがいいでしょう。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング

看護師が救急科に転職するメリット・デメリット関連ページ

看護師が内科に転職するメリット・デメリット
看護師が精神科に転職するメリット・デメリット
看護師が神経内科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸内科に転職するメリット・デメリット
看護師が循環器内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腎臓内科に転職するメリット・デメリット
看護師が糖尿病内科に転職するメリット・デメリット
看護師が内分泌内科に転職するメリット・デメリット
看護師が血液内科に転職するメリット・デメリット
看護師が腫瘍内科に転職するメリット・デメリット
看護師が人工透析内科に転職するメリット・デメリット
看護師が疼痛緩和内科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児科に転職するメリット・デメリット
看護師が外科に転職するメリット・デメリット
看護師が形成外科に転職するメリット・デメリット
看護師が美容外科に転職するメリット・デメリット
看護師が脳神経外科に転職するメリット・デメリット
看護師が呼吸器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が心臓血管外科に転職するメリット・デメリット
看護師が消化器外科に転職するメリット・デメリット
看護師が胃腸外科に転職するメリット・デメリット
看護師が乳腺外科に転職するメリット・デメリット
看護師が肛門外科に転職するメリット・デメリット
看護師が小児外科に転職するメリット・デメリット
看護師が皮膚科に転職するメリット・デメリット
看護師が泌尿器科に転職するメリット・デメリット
看護師が産婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が産科に転職するメリット・デメリット
看護師が婦人科に転職するメリット・デメリット
看護師が眼科に転職するメリット・デメリット
看護師が耳鼻咽喉科に転職するメリット・デメリット
看護師が放射線科に転職するメリット・デメリット
看護師がアレルギー科に転職するメリット・デメリット
看護師が心療内科に転職するメリット・デメリット
看護師がリウマチ科に転職するメリット・デメリット
看護師がリハビリテーション科に転職するメリット・デメリット
看護師が麻酔科に転職するメリット・デメリット
看護師が病理診断科に転職するメリット・デメリット