看護師の施設別、転職メリット・デメリット記事一覧

看護師が一般病院に転職するメリット・デメリット

看護師が転職先に選べる施設はその規模や診療科目など様々な面で異なります。医療機関だけではなく介護施設や企業、学校といった場合もあります。その中でも一般病院に転職することのメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。一般病院とは病床数が20床以上の病院のことをいいます。病床数が20床未満の場合はク...

» 続きを読む

看護師が療養病院に転職するメリット・デメリット

看護師が転職先に選べる施設はその規模や診療科目など様々な面で異なります。医療機関だけではなく介護施設や企業、学校といった場合もあります。その中でも療養病院に転職することのメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。療養病院は、ある程度集中的な治療が終了した患者の中で自宅療養が難しい患者が入院する...

» 続きを読む

看護師が医院・クリニックに転職するメリット・デメリット

看護師が転職先に選べる施設はその規模や診療科目など様々な面で異なります。医療機関だけではなく介護施設や企業、学校といった場合もあります。その中でも医院やクリニックに転職することのメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。医院やクリニックは診療所の別名であり、病床数が19床以下の医療機関を指しま...

» 続きを読む

看護師が精神病院に転職するメリット・デメリット

看護師の精神病棟への転職について考える前に、まずは精神病院の実態についてお話ししたいと思います。精神病院は正式には「精神科病院」と呼ばれ、これは精神疾患の患者さんを入院させることのできる施設を有している病院のことをいいます。精神科病院は総合病院でみられる他の科と違い、独立してひとつの病院として存在す...

» 続きを読む

看護師が介護施設に転職するメリットとデメリット

看護師は資格ということもあり転職先は様々あります。しかし、実際に転職先で以前より充実した職に就けるかどうかは人それぞれ、転職して働いていくということはそう簡単ではありません。転職先で看護師のスキルを活かして働いていくにはどうしてもメリットとデメリットがつきものです。ここでは看護師が介護施設に転職する...

» 続きを読む

看護師が訪問看護・訪問介護に転職するメリット・デメリット

急性期病院で働いていると、自宅で療養している患者さんの自宅へ実際に訪問するような機会はなかなかないかと思います。そのため、訪問看護や訪問介護で行われている業務がどのようなものであるかを知らない方も多いでしょう。訪問看護、訪問介護の現場には医師もおらず、看護師自身が判断を求められる場面も多いため、「経...

» 続きを読む

看護師が企業(治験コーディネーター・保育園)に転職するメリット・デメリット

企業で働く看護師には、治験業務の現場において全体を統括する役割を担う「治験コーディネーター」や、保育園に勤務し、園児やその父兄、そして職員の健康を守る「保育園看護師」などがあります。一般企業で働く看護師は「企業看護師」と呼ばれ、社員の健康管理を行ったり、「クリニカルコーディネーター」といって、製薬会...

» 続きを読む

看護師が学校に転職するメリット・デメリット

学校で働く看護師の場合、小学校・中学校・高校・大学などの保健室勤務になります。しかし、基本的に保健室で勤務しているのは養護教諭であり、看護師資格は必要ありません。代わりに、保健室で勤務するためには養護教諭資格が必要です。しかし、近年では学校保健室でも看護師資格を持つ人材が求められるようになってきまし...

» 続きを読む