人気の転職サイト(登録無料)

看護師が介護施設に転職するメリットとデメリット

看護師は資格ということもあり転職先は様々あります。しかし、実際に転職先で以前より充実した職に就けるかどうかは人それぞれ、転職して働いていくということはそう簡単ではありません。転職先で看護師のスキルを活かして働いていくにはどうしてもメリットとデメリットがつきものです。ここでは看護師が介護施設に転職するメリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

介護施設で働く看護師の仕事内容は、病院で行っている治療というよりは、ひとりひとりの体の状態に合わせて、食べる物の柔らかさの指示や、活動の可否を判断します。入浴前に体調のチェックをしたり、服薬の管理を行うのも看護師の仕事です。

 

一言でいうと入居者の健康管理になります。また、年配の患者さんは看護師に相談することで生活や今後のことについて安心するケースも多いので、話し相手となって患者さんをリラックスさせることも求められる仕事の一つです。

 

看護師が介護施設に転職するメリット

まずは看護師が介護施設に転職するメリットを紹介したいと思います。
第一に、病院と違って、介護施設では看護師としての仕事量は多くはありません。看護師として治療を行った後は、介護士と同じように入居者の介護を行ったり、話し相手をすることで入居者とコミュニケーションをとることが仕事になってきます。

 

年配の方の話し相手になってゆっくりとコミュニケーションをとることは病棟勤務ではなかなかできないことだと思いますので、あわただしくない仕事を楽しむことができると思います。

 

介護施設では重篤な病気の入居者は基本的にいないため、高度な処置はあまり求められません。医療行為が必要な場合には、付き添って病院に行くことが介護施設で働く看護師の仕事ですので、行うのは処置そのものではなく、病院に行くかどうかの判断とその付き添いということになります。

 

そのため、結婚や出産を機に退職してブランクのある看護師が復職する際に、介護施設での勤務を希望することも少なくありません。

 

介護施設への就職は現在老人ホームの数が増えていることもあって、求人の数も豊富です。転職を考えている看護師の方にもいい選択肢の一つになると思います。

 

また、介護施設は昼間は看護師の常駐が必要ですが、夜間は特に規定がないため、看護師が常駐するのは日勤のみという施設も少なくありません。その場合は、夜間は提携している病院に連絡するなどの対応が取られています。

 

急に入居者の具合が悪くなって、病院に付き添う必要が生じたりすると、定時で勤務を終えるのは難しいケースもあります。しかし、何もない限りは残業も少なく、病棟勤務に比べるとかなり働きやすく、ストレスも少なくなります。

 

日勤が中心の割には介護施設での勤務は高収入で、福利厚生も整っている施設も多くあります。この点については勤務する介護施設をしっかり吟味することが大切です。

 

看護師が介護施設に転職するデメリット

次に、介護施設に転職するデメリットを紹介したいと思います。

 

まずは、介護施設での勤務には介護の仕事も含まれるため、看護師としての仕事に専念できないケースが多い点が挙げられます。

 

例えば、多くの場合介護施設で働いている大半が介護士で、看護師は少数、場合によっては、看護師は1人だけで看護の仕事よりも介護の仕事が集中するという施設も少なくありません。

 

病院勤務の看護師は介護に近い仕事も行うなど、スキル的には介護にも精通していることもあって、介護施設では介護の仕事も手伝わされることが多いです。中には、現場を仕切る介護士から理不尽な指示を受けるなど、業務の分担が上手く行われていない場合には、看護師としての仕事に支障をきたすケースもあるようです。

 

仕事の不一致に加え、看護師の仕事が少ないことに不満を感じる方もすくなからずいらっしゃるかもしれません。

 

また、介護施設では健康管理や、介護がメインになってくるため、医療の最前線で医療を学ぶことはできません。最前線に立って医療を学びたい、自信のスキルを高めていきたいという方には少し物足りないかもしれません。一般の病院で行われる研修や勉強会なども当然行われないため、医療に関する新しい知識を身に着けるには、独学で勉強するしかありません。

 

ですが、介護施設には医師が常駐していないため、入居者の体調に不調があって緊急の対応が必要な場合には勤務看護師がメインとなって応急処置を行ったり、病院に連れていく判断をすることになります。

 

その分緊急事態があったときには、看護師の責任が重くなり、適切な判断が要求されます。そのため、介護がメインとはいえ看護師としてのキャリアがないと働いていくのは難しい職場になります。

 

以上の点を踏まえて、転職を吟味していただきたいと思います。メリットもデメリットもたくさんありますが、病棟看護師にはなかった入居者との触れ合いや、介護施設ならではの働く喜びややりがいを見つけられるような転職をできるような介護施設をしっかりと選ぶことが大切です。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら