人気の転職サイト(登録無料)

看護師が訪問看護・訪問介護に転職するメリット・デメリット

急性期病院で働いていると、自宅で療養している患者さんの自宅へ実際に訪問するような機会はなかなかないかと思います。そのため、訪問看護や訪問介護で行われている業務がどのようなものであるかを知らない方も多いでしょう。

 

訪問看護、訪問介護の現場には医師もおらず、看護師自身が判断を求められる場面も多いため、「経験を積んだ看護師でないと厳しいのでは?」と考えてしまう方もいらっしゃると思います。訪問看護や訪問介護に転職するメリットとデメリットについてお話しする前に、実際に訪問看護や訪問介護とはどのようなものかについてご紹介しましょう。

 

訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場で訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

 

ケアやアドバイスは24時間365日対応しており、在宅での療養生活が送れるように支援しています。また、医師や関連機関と連携を取り、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

 

訪問看護ステーションでは、療養上のお世話や医師の指示による医療処置、病状の観察などのほか、ガン末期や終末期などでも、自宅で過ごせるように適切にお手伝いをするというターミナルケアなどのサービスも提供しています。訪問看護では、看護師は患者さんだけでなく、患者さんの家族とも深くかかわる必要があるため、最も重要なのは「コミュニケーション」です。

 

また、勤務体制には「担当制」と「交替制」の2つがあり、自分が勤務する訪問看護ステーションがそのどちらの勤務体制をとっているかによって、患者さんとの付き合い方も変わってきます。担当制の場合は、自分が担当する患者さんと密にコミュニケーションをとりながら関わっていく必要があります。

 

交替制では複数の患者さんを、ローテーションするような形で受け持つことになるため、様々な患者さんに適応し、コミュニケーションをとる柔軟性が必要となってきます。

 

訪問介護とは、訪問介護事業所のヘルパーが利用者さんの自宅を訪れ、身体介護や生活援助などの日常生活のサポートをするサービスです。訪問看護と異なる点は、その勤務内容にあります。

 

訪問介護というのは、訪問看護で看護師が行う業務の中から、訪問介護でも実施可能なケア内容のみをホームヘルパーが行うものです。訪問看護では点滴や注射、採血、床ずれの処置などを行うことができますが、訪問介護ではこれらの行為を行うことができません。ホームヘルパーは洗面や洗髪、体位変換、入浴のお手伝いなど、医療行為ではない日常生活の補助を訪問介護で行っています。

 

看護師も訪問介護事業所に勤務することでホームヘルパーとして働くことができます。医療の知識などもきちんと有している看護師がホームヘルパーとして働くことはとても心強いと考える利用者さんも多くいます。

 

訪問看護・訪問介護の業務内容などについては大体お分かりいただけたかと思います。では、訪問看護や訪問介護に転職するメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

 

看護師が訪問看護・訪問介護に転職するメリット

メリットとしてまず挙げられるのが、様々な経験ができてスキルアップにつながるという点です。訪問看護には認定資格が存在しますので、認定資格を目指すこともできます。

 

高齢者が増加するにつれて、確実に訪問看護や訪問介護の必要性は高まってきています。看護師としてのキャリアを形成するという観点から考えても、訪問看護への転職は魅力的だと言えます。

 

また、訪問看護は日勤のみや土日は休みなどといった好条件での勤務ができる看護ステーションが多く存在します。給与も比較的高く、経済面などの点から見ても魅力的です。訪問看護の仕事はアルバイトやパートなど、非正規雇用として募集されることも多いです。日勤のみ、アルバイトなどの条件は、子育て中にも働きたいと考えている看護師の方にはとてもおすすめです。

 

さらに、コミュニケーションを多く必要とする職場であることから、もちろん大変なことも多々ありますが、大きなやりがいを感じることができます。

 

看護師が訪問看護・訪問介護に転職するデメリット

デメリットとしては、訪問先の患者さんやその家族との人間関係の構築が難しいという点があります。訪問看護において最も重要なのがコミュニケーションであるということは先述しましたが、入職した初めのうちは以前の担当看護師と比較されてクレームを受けてしまうということなどもあるようです。

 

また、24時間対応の訪問看護ステーションではオンコール体制をとっているステーションもあり、夜間のオンコールなどが大変であるということもデメリットの1つです。これについては、オンコールの体制などを転職前にしっかりと確認しておくことが大切です。

 

少子高齢化が進む日本では、訪問看護や訪問介護の重要性が高くなってきています。しかし、訪問看護、訪問介護の現場ではまだまだ看護師が不足している現状にあります。「人と話すことが好き」という方や「在宅医療の専門知識や経験を身に付けたい」という方は、ぜひ転職先の候補として訪問看護や訪問介護を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら