看護師が企業(治験・保育園)に転職するメリット・デメリット

企業で働く看護師には、治験業務の現場において全体を統括する役割を担う「治験コーディネーター」や、保育園に勤務し、園児やその父兄、そして職員の健康を守る「保育園看護師」などがあります。

 

一般企業で働く看護師は「企業看護師」と呼ばれ、社員の健康管理を行ったり、「クリニカルコーディネーター」といって、製薬会社や医療機器メーカーで働き自社製品のPRや製品の説明を行ったりする看護師もいます。

 

このように、企業で働く看護師と一口に言っても、その業務形態や業務内容には様々なものがあります。ここでは、治験コーディネーターと保育園看護師を例にとって、企業看護師への転職について考えていきたいと思います。

 

治験コーディネーター

まず、治験コーディネーターについてお話していきますが、そもそも「治験」とはなんでしょうか。新しい「薬」を開発するためには、「薬の候補物質」について動物で効果や毒性を調べるだけでなく、人での効き目(有効性)や副作用(安全性)を確認する必要があります。

 

人出の有効性や安全性について調べる試験を一般に「臨床試験」といい、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。治験コーディネーターはこの治験を統括する仕事で、業務内容にはスケジュール管理、治験業務を担当する医療チームの調整や被験者の精神的サポートなどがあります。

 

また、治験に必要な書類などの準備、治験によって得られたデータの管理やチェックなども治験コーディネーターの役割に含まれています。最初の準備段階から最後のチェックまで、治験業務のあらゆる面に携わる仕事です。病院での勤務のように患者さんと直接接する仕事ではありませんが、新薬を安全に開発することで、様々な病気で苦しんでいる患者さんを救うことができるという重要な役割を担っています。

 

看護師が企業(治験コーディネーター)に転職するメリット

治験コーディネーターへの転職のメリットとしてまず挙げられるのが、看護師としてのスキルアップです。治験コーディネーターの業務内容は、スケジュール管理から被験者に対する看護まで多岐にわたり、スタッフと被験者両方に対するコミュニケーション能力や、業務の進行状況を的確に見極める観察力、トラブルを未然に防ぐ判断力などが培われます。

 

また、治験のための書類作成などでは、医療や薬剤についての専門知識を磨くことができます。次に挙げられるメリットは、土日が休める就業環境にあるということです。家庭を持つ看護師の方などにはとてもおすすめです。さらに、治験コーディネーターへの転職のメリットとして考えられるのが、その将来性です。治験コーディネーターという職はまだまだ歴史が浅く、これからどんどん必要性が高まってくる仕事です。

 

看護師が企業(治験コーディネーター)に転職するデメリット

デメリットとしては、経済面で、病院勤務の看護師に比べて年収が劣る場合があるということです。これは勤務先にもよるため一概には言えませんが、平均年収は病院勤務に比べてやや劣っています。また、看護師として培った医療行為などの専門知識を生かすことができないというデメリットも存在します。

 

しかし、治験コーディネーター需要は伸びつつあり、転職する看護師の方も多くいます。新薬開発に携わるやりがいもあります。興味を持った方は、転職先として考えてみてはいかがでしょうか。

 

保育園看護師

次に、保育園看護師についてです。保育園看護師の業務内容も多岐にわたっており、園児の怪我や体調不良への処置から、保育園運営に関わる事務作業まで様々です。医療の専門知識を有する人の少ない保育園で勤務しますから、豊富な知識と的確な判断力が何より求められる仕事です。

 

看護師が企業(保育園看護師)に転職するメリット

保育園看護師のメリットは、夜勤がなく、土日が休みという点です。夜間に呼び出されることや夜勤業務がないことで、規則正しい生活を送ることができます。残業などもほとんどなく、仕事の時間や日程がしっかりと決められています。

 

子育てや家事と仕事を両立しながら仕事をしたいけれども、病院勤務は生活が不規則で大変だと考えている看護師の方もいらっしゃることでしょう。仕事と家庭を両立できるという点で、保育園看護師はとても魅力的な仕事です。また、子供たちと接する職場ということで、子育て経験のある看護師の方はその経験をいかして働くことができます。

 

看護師が企業(保育園看護師)に転職するデメリット

デメリットとして考えられるのは、治験コーディネーターでも挙げましたが、病院勤務の看護師に比べて年収面で劣るということです。

 

共通してみられるメリット

治験コーディネーターと保育園看護師への転職についてのメリットとデメリットについてお話ししましたが、企業への転職に共通して述べることのできるメリットは、勤務時間がきちんと決められているため、規則正しい生活を送ることができるということです。病院勤務はオンコール体制や夜勤がありますが、企業にはそのようなことはほとんどありません。そのため、仕事と家庭の両立ができます。

 

共通してみられるデメリット

病院勤務と比較すると年収が劣ってしまうというのも2つに共通して見られたデメリットでしたが、仕事と家庭の両立ができるというメリットがあるということを踏まえ、「多少収入が低くても規則正しく仕事をしたい」と考えている方には、企業への転職はとてもおすすめです。興味を持った方は、企業への転職も考えてみてはいかがでしょうか。

≫次のページへ進む

看護師求人ランキング