人気の転職サイト(登録無料)

看護師が一般病棟に転職するメリット・デメリット

自分の職場環境を整えるということは、働く上でとても大切なことです。特に看護師は離職率が高い職業の一つだと言われていますから、より一層自分に合った病院選びをしたいものです。

 

さて、今回は「一般病棟で働くことのメリット・デメリット」について考えていきましょう。

 

急性期を扱うさまざまな診療科を総称して一般病棟といいます。内科・外科・口腔外科・産婦人科など非常に範囲が広く、挙げるときりがないほどです。一般病棟の勤務を希望する場合、大抵は一般病院のような大きな施設で働くことになります。

 

一般病院とは20以上の病床数を持ち、通院や入院を通して一般的な治療ができる医療施設のことを指します。一方、病床数が20より少ない場合は診療所やクリニックと呼ばれており、一般病院とは異なります。民間病院・個人病院と呼ぶ人も多いでしょう。また、療養型病院などの場合も一般病院とは別に扱われることもあります。

 

このように、病院の呼び方は国の規定で定められており、一定以上の規模の病院は一般病院と呼ばれていますが、これは、大学病院とそれ以外の病院では看護師の業務内容に違いがあるためです。

 

特に、200床を超えるような総合病院では業務内容も多種多様ですし、どの診療科で働くか、外来か病棟か、によってもかなり勤務内容は違ってきます。ちなみに、民間病院の場合は病院の方針によって看護師の処遇もだいぶ違いますので、細かい点まで確認してから就職活動することをおすすめします。

 

看護師が一般病棟に転職するメリット

一般病棟で働くメリットはまさに高いスキルを身に着けることで将来的にキャリアアップができるという点です。
処遇も大事ですが、やはり、幅広い業務を任されることが看護師にとって“大きなやりがい”となることは間違いありません。

 

例えば、小さなクリニックであれば、高度な治療が必要な患者さんは総合病院などに行ってもらうため、どうしても高度な治療に触れるチャンスは少なくなります。その点一般病棟のある大規模な病院であれば、さまざまな患者さんに対応することで知識や技術の幅が格段に広がります。

 

大規模な病院であればあるほど勉強会や教育システムが整っているので、スキルを高めるという点では最高の環境です。看護師という職に長年携わりたいと考えているなら、一般病棟での勤務経験は必ず役に立つはずです。

 

高いスキルを身に着けておけば、将来的に介護施設や訪問看護という道もあるため、資格を生かしてあらゆるケースに対応できるのもメリットです。

 

いずれにしても、実践的な技術を身に着けることは長く看護師として働く上ではとても大切なことですので、若いうちに経験しておいた方が良いのではないでしょうか。

 

そしてやはり気になる処遇面についてお話ししましょう。こちらもメリットが大きいです。
何といっても“夜勤”と“残業”があるだけに、お給料はかなり高くなります。

 

看護師が新卒でも、年収500万円近い金額の給与がもらえるのは、やはり夜勤なども盛んにこなしているからです。病院によって夜勤手当の金額も違いますが、日勤のみの勤務に比べると毎月数万円ほど高くなるため、看護師の中にはあえて夜勤を望む人もいます。妊娠・出産・育児・二人目妊娠・・・となるとどうしても夜勤をするのが大変になってしまうので、若くて元気なうちにたくさん経験しておくのも良いでしょう。

 

さらにメリットは続きます。
一般病棟では、患者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら、看護を行うのが基本です。患者さんの病状や気分によってケースバイケースですが、いつでも親身になって看護をする人こそ、意識が高いプロの看護師というもの。そうやって患者さんと少しずつふれあいを持ち、退院の時には「ありがとう」と言われる、それが何よりのモチベーションになるという声はたいへん多く聞きます。

 

もちろん仕事ではありますが、患者さんとの心のふれあいが、看護師という仕事の醍醐味ではないでしょうか。看護師も人間ですから、これらはとても大切な経験です。

 

 

看護師が一般病棟に転職するデメリット

一般病棟で働く看護師のデメリットは、何といっても“毎日が忙しくてハード”、この一言に尽きます。診療科にもよりますが、看護師は慢性的に不足していることもあって任される仕事の量が多いこともあって疲労困憊です。さらに、通常業務に加えて勉強会や研修などがあり、慣れるまでは辛い毎日かもしれません。

 

日々、学ぶことが多いのも看護師の仕事の特徴です。資格を取って看護師になっても、転職したばかりだとまだまだ知らないこともたくさんあるため、時間がいくらあっても足りないと感じてしまうこともしばしば。日々勉強という感じになるため、勉強が苦痛という人にとっては辛い一面も。

 

一般病棟の場合は24時間体制です。入院患者のケアをする上で、土・日・祝日や夜間がお休みというわけにはいきません。仕事につきっきりになるため、なかなかプライベートを充実させるのは難しい職場です。体力的にもハードです。

 

病院の規則で夜勤や土日出勤が避けられない場合、結婚や出産を機に転職することも視野に入れなければなりません。特に子どもが小さい内は、今まで通りの勤務を続けることは祖父母の協力がないと到底無理だという看護師も多いですし、祖父母の協力が得られない事情がある人は日勤のみの職場に転職する人も多いです。

 

まだまだ女性が長く働くのは難しい世の中でありながら、それでも都心部・地方含め多くの看護師が必要とされています。この現状を踏まえると、一般病棟は看護師になったからには一度は経験しておくべき職場ではないでしょうか。

≫次のページへ進む

無料で活用できる看護師転職サイト

看護roo! 看護のお仕事 ナースではたらこ

関東/関西/東海エリアの方は必須!転職サポートの利用満足度は96.2%、求人案件は37,000件以上!業界トップクラスの看護師求人サイトです!

≫詳しくは公式サイト

全国13万件の求人情報!簡単な登録だけで、面接の日程・給与などの条件交渉・入職日の調整はもちろん、お一人では大変な転職活動を、全面サポート!

≫詳しくは公式サイト

ていねいな転職サポートで満足度No.1医療機関情報は全国9万件以上。全国の90%以上の医療機関の情報を掲載、さらには非公開求人も多数あります!

≫詳しくは公式サイト

看護師転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、看護師転職サイトの最大手「看護roo!」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫「求人数トップクラス 看護roo!」公式サイト(無料)

>> ランキング詳細はこちら